SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

6月17日(土) 第318回
天童よしみ☓中川家・中川礼二

ゲストは、演歌歌手の天童よしみさんとお笑いコンビ:中川家の礼二さん。
天童さんは礼二さんのネタを集めるほど大ファンで、今回のドライブが実現!
甘い物好きな2人でちょっとオシャレなおはぎを楽しみ、最後は、【招き猫】
コレクターの天童さんに因んで、招き猫発祥と言われる神社を参拝しました!

「6歳の時には歌手になりたいと思っていた」と言う天童さんは16歳でデビュー。しかし売れない時代が長く諦めて大阪に帰ります。「昭和60年でした。阪神優勝した年ですわ。『【道頓堀人情】を歌ってくれないか、東京に負けて帰って来た気持ちを歌うのは、よしみちゃんしかいない』って」と名曲との出会いを振り返ります。また、「北島三郎さんの【風雪流れ旅】という曲があって、舞台袖で出番を待ってたんです。私トリやから、気合入れて頭をすんごい高く結っていたんですよ。北島さんがものすごい演出をされて、紙吹雪を大型扇風機でガーッと降らせるんですよ。そのたった一発の風でバーンと倒れたんです」と紅白歌合戦ハプニング話も…。一方、中川家・礼二さんと言えば、細かすぎるモノマネが人気ですが…最初は「学校の先生のものまねから入って、電車も好きやったので。学校の先生の拡声器で『毎度ご乗車、ありがとうございます』みたいな」と、人気ネタの誕生秘話を語ります。そして、大阪の京阪電車の車掌さんのモノマネを披露する礼二さん。すると天童さんも、「【徹子の部屋】に初めて出させていただいた時に…」と黒柳徹子さんのモノマネを始めます。それには礼二さんも「いけますね。いけますね!」と大爆笑!さらに、中川家は、第1回のM-1グランプリで優勝しましたが、「今までのショーレースとはまた比べものにならんくらい緊張感ありましたね。(ネタ披露の)順番もくじやったんですけど。僕らトップバッターやって、トップってね、賞レースではまず賞を取りにくい。今思えばですね、それを引いて開き直ったのが良かったんですね」と振り返りました。大阪弁の掛け合いトークで、笑い満載のにぎやかなドライブになりました。

ゲストプロフィール

天童よしみ(てんどう よしみ)さん

9月26日生まれ 大阪府出身

1972年、「風が吹く」でデビュー。その後、「道頓堀人情」が大ブレークし、1997年「珍島物語」が100万枚の大ヒット。1993年、「紅白歌合戦」初出場を果たし、以降3度に渡って紅組のトリを務める。今年でデビュー45周年を迎え、記念コンサートやカバーアルバムを発売をするなど活躍中。

中川礼二(なかがわ れいじ)さん

1972年1月19日生まれ 大阪府出身

1992年に兄・剛と漫才コンビ「中川家」を結成。1995年に「上方漫才大賞」で新人賞を受賞し、2001年には「M-1グランプリ」で優勝し、初代王者に。
以降、単独ライブやバラエティ番組でマニアックなものまねを披露するなど、幅広い層から支持を受け活躍中。

今回のドライブコース

タケノとおはぎ

住所:東京都世田谷区桜新町1-21-11
TEL: 03-6413-1227
営業時間 12:00~18:00 *売り切れ次第終了
定休日 月曜日・火曜日

つぶあん・こしあんはもちろんのこと、デコポンやナッツなどユニークな食材を組み合わせたおはぎが楽しめるお店。店内に並ぶ炊きたての餡・餅を使ったできたてのおはぎは常時7種類、日替わりでユニークおはぎが並ぶ。

今戸神社

住所:東京都台東区今戸1-5-22
TEL: 03-3872-2703
社務受付時間 9:00-17:00

大きなペアの招き猫がシンボルになっている神社。境内には多くの招き猫が並び、招き猫グッズも販売。縁結びの神社としても有名であり、携帯電話の待ち受け画面にすると、縁起が良いとされる「なで猫」は最長1時間半も並ぶほど人気。

URL http://imadojinja1063.crayonsite.net/

今回のロケ(秘)裏話

招き猫を集めるのが趣味という天童さんに、招き猫にまつわる神社を紹介!お参りはもちろんのことですが…【招き猫グッズ】に目がない天童さん。神社の方から様々な招きグッズをいただき、天童さんの招き猫コレクションもさらにパワーアップ!?
お返しにと胸元につけていた可愛いブローチを神社の方にプレゼントしてくださった天童さん♡これには「ありがとうございます。大切にします!」と大喜び!優しさに包まれ、ハッピーな気持ちで撮影を終えることができました\(^o^)/

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

礼二:いやいや さあ今日はねドライブということで。あ、天童さん
天童:すいません、私ここに乗らせていただいていいですか?
礼二:どうぞどうぞ、乗ってください。
天童:いや、本当に私ワクワクして、昨夜私ぐっすり眠れまして…。
礼二:寝たんかいな!?
天童:寝たんですよ、寝たんですけど、ものすごい楽しみ
礼二:ありがとうございます
と、天童さんが大ファンだという中川家・礼二さんとおでかけ。
のっけから、大阪の2人らしい会話からスタート!
今回は礼二さんの運転で都内をドライブです♪
2人が乗り込んだクルマは「イグニス」。
礼二:いかがですか?このクルマ、イグニス。
天童:これなかなか、外もしっかり見やすいし。
礼二:そうなんですよね。ほんで、この空間がね、結構広いんですよ。
天童:いいです、広いです。足も私そんな長くないけど、しっかりと奥行きがあって、
   乗り心地、最高。シートも。
礼二:いいですよね、運転しやすい僕も、これ。
と、車内空間の心地よさに感激の様子でした♪

今回の1台

アグレッシブ・コンパクト

> スズキ イグニスはこちら