SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

SUZUKI presents「極上空間」小さなクルマ、大きな未来。

  • トップページ
  • 予告&みどころ
  • バックナンバー
  • プレゼント
  • ツイッター
  • Facebook

7月8日(土) 第321回
神田うの☓ハマカーン

ゲストは、タレント神田うのさんと、うのさんの弟:神田伸一郎さんと浜谷健司さんの
お笑いコンビ:ハマカーンの2人。姉と弟、そしてその相方との3人初ドライブ☆
ハマカーンの原点である、東京農工大学でうのさんが学食を初体験!さらに…弟の自宅を初訪問&手料理に感動!

うのさんは、5歳からクラシックバレエを習いバレリーナを夢見ていましたが、「中学3年生の時にスカウトされて」モデルデビュー。しかし、「父は猛反対だったんだけど、『バレエのトウシューズ代を自分で稼ぎたいから、モデルやる』ってしおらしいこと言ったら認めた」とか。そして「会社のイベントに呼ばれて行ったのね。その時に私の性格がバレて、モデルだけにしておくのもったいないみたいになったのよ」とタレントになったきっかけ話も…。一方、ハマカーンの2人は、大学で知り合い、芸人になることを決意します。しかし、「親は猛反対だったよね。『何考えてるんだ』みたいな。私は芸人になりたいって自分から言っているってすごいなって思ったの。いい事じゃんみたいな」「お父さん胃潰瘍で入院しました」と当時を振り返ります。そして、2012年に【THE MANZAI】で優勝します。「賞金が出ないことをお姉ちゃんに言ったら『じゃあ私が賞金あげる』って100万円をくれたんですよ。2人で分けるんだよって」と微笑ましいエピソードも…。また、うのさんの結婚式に浜谷さんが招待され「ご祝儀、借金して包みました!」と爆笑裏話も。さらに「主人がお誕生日に家に桜の木をズラ~っと入れてくれてお花見バースデーやってくれた」「マンションは、バスケができる広さ」などうのさんのセレブ生活を語りました。終始、うのさんの大きな声に圧倒される弟でしたが、自由奔放な姉を温かく見守る弟と言う関係がほのぼのとした空気感が伝わるドライブになりました。

ゲストプロフィール

神田 うの (かんだ うの)さん

1975年3月28日生まれ 神奈川県出身

14歳の時にモデルとしてデビュー、その後19歳でタレントとしてデビューし、 「オールナイトフジリターンズ」のMCに大抜擢。天真爛漫な性格でバラエティ番組に欠かせない存在に。その後、2007年に結婚し、2011年には第一子を出産。
現在ではテレビだけでなく、ウエディングドレスブランドをプロデュースし、 チーフデザイナーとして年2回新作を発表するなど多方面で活躍中。

ハマカーン

・神田 伸一郎(かんだ しんいちろう)さん
1977年3月12日生まれ 神奈川県出身

・浜谷 健司 (はまたに けんじ)さん
1977年11月19日生まれ 埼玉県出身

大学の柔道部で知り合ったのをきっかけに2000年にコンビを結成。
ともに大学院を中退してお笑いの道へ。2009年、『第8回漫才新人大賞』で大賞を受賞、さらに2012年「THE MANZAI」で優勝を果たす。以降、バラエティ番組を中心に活躍中。

今回のドライブコース

国立東京農工大学 府中キャンパス

住所:東京都府中市幸町3-5-8
1949年創立の工学部と農学部を設置する国立大学。
東京都内にありながら、約27万平方メートルという広大な敷地を誇る。緑あふれる構内には、講義棟や研究棟、先進の研究施設が設置されており、自然に恵まれた環境で学ぶべことができる。
ハマカーン2人の母校であり、広報大使も務める。

URL:http://www.tuat.ac.jp

今回のロケ(秘)裏話

今回は、料理が得意という伸一郎さんが、姉・うのさんを自宅にておもてなし♪ということで天津飯を振る舞い、うのさんも相方の浜谷さんも「おいしい」 「今度教えてぇ。」と絶賛!しかし…「教えてもらいたいからうちに来てぇ。アレンジしてさ…カニかまぼこを本物のカニにしてさ、貝柱を入れて…美しいお皿で盛り付ける」と、うのさんらしい高級天津飯を提案(^_^;) たしかに、想像しただけで美味しそうですね、、、(笑)

裏話担当:プロデューサーK


今回の気になる一言

うの:ハーロー♪
伸一郎:あ、お姉ちゃん!
浜谷:あら?、おはようございます。
うの:ちょっとおはようございます、大丈夫?今日ドライブでしょ?
浜谷:3人でドライブですって…。
うの:しかも私、(普段)助手席乗らないもんね。
伸一郎:絶対後部座席だもんね。
浜谷:久しぶりに自分でクルマのドア開けたんじゃないですか?
うの:そう、ハッハハハハ。本当、自分で開けて自分で閉めたよ。
伸一郎:ここにいる、お姉ちゃんしか見たことないから。
ということで、うのさんの弟・伸一郎さんがハンドルを握り、ドライブへ出発!
今回のクルマはオレンジ色の「イグニス」。
浜谷:神田さんどうですか?大丈夫ですか?
伸一郎:俺、疲れてないわ。久しぶりの運転楽しい。
うの:楽しい?運転しやすい?
伸一郎:それあるかも!クルマ自体コンパクトだから。
うの:でも、なんかねすごく静か、静かで乗り心地いいよ。
浜谷:本当に外から見て小ぶりのサイズだなと思ったら、中に入ったら広いのね。
うの:狭くない!
浜谷:天井が高いんですよ。
うの:女の子がさ、軽く乗るにはいいかも。
伸一郎:色も可愛いしね。
と、車内の快適さに気分上々な一行でした♡

今回の1台

アグレッシブ・コンパクト

> スズキ イグニスはこちら