BS朝日

番組表



NOW ON AIR

    バックナンバー

    その他

    夏になると登場する「コングクスはじめました」

    災害レベルの猛暑と言われる今年の夏。韓国も同様で、今年ソウルで観測史上最高の記録が更新されています。日本では暑いと、そうめんなどの冷たい麺類が好んで食べられ、特に冷やし中華はおもに夏の限定メニューとして登場することから「冷やし中華はじめました」という貼り紙がおなじみですが、韓国にもコングクスという夏限定で登場する麺が存在します。コングクスは冷たい豆乳にそうめんを入れ、食べるときに好みで塩を加えてキムチをお供に食べるもので、夏になるとやはり「コングクスはじめました」という貼り紙が登場します。韓国の冷たい麺というと冷麺が思い浮かびますが、こちらは一年中あるメニューのため、日本でいう「そば」みたいな存在。ただし、やはり夏は冷麺も大人気です。冷麺の汁はトンチミという大根で作った水キムチと牛肉のスープなどから作られていますが、この汁自体を凍らせて、シャーベット状にした冷麺も人気です。そしてもうひとつ、夏になると登場するのがムルフェというもの。ムルフェとは、ムル=水、フェ=刺身と名前の通り、刺身に氷水とコチュジャン、キュウリなどの野菜、ニンニク、青ネギなどの薬味を入れていただく料理です。釜山などの港町が有名ですが、ソウルでも夏に刺身店に行けば食べることができます。