光のかたち

番組トップページ ル・コルビュジエの建築とは ル・コルビュジエとは

ル・コルビュジエとは

ル・コルビュジエ (Le Corbusier 1887年10月6日―1965年8月27日)

ル・コルビュジエ

スイス生まれ、後にフランス国籍を取得した建築家。
ル・コルビュジエとは職業上の名前で、本名はシャルル=エドゥアール・ジャンヌレ。フランク・ロイド・ライト、ミース・ファン・デル・ローエとともに、近代建築の三大巨匠と呼ばれている。ユニテ・ダビデシオン、サヴォア邸、チャンティーガール、人間の家… 数えきれないほどの名建築を設計し、故丹下健三氏をはじめ、世界中の建築家に大きな影響を与えた。また建築だけでなく、絵画や彫刻、家具、書籍など、多彩な作品を創造した20世紀を代表する芸術家でもある。近年特にその評価が高まっており、作品は世界各地で多くの人に愛されている。