S
昭和偉人伝

昭和偉人伝

  • トップページ
  • バックナンバー

バックナンバー

阿久悠

希代の作詩家・阿久悠は、昭和の歌姫・美空ひばりと同じ昭和12年、兵庫県淡路島に生まれた。シングル曲の生涯売上げ枚数は約7000万枚。日本レコード大賞において3連覇、さらに大賞曲は作詞家として最多の5曲(「また逢う日まで」「北の宿から」「勝手にしやがれ」「UFO」「雨の慕情」)を受賞するなど、前人未到の記録を誇る脅威のヒットメーカーだ。演歌からポップス、アイドルソングまで幅広く手がけ、戦略的な歌作りで歌謡界の常識を塗り替えた。
既存の殻を次々に打ち破り、時代の先頭を走った阿久の作詞家人生。しかしその裏には、数々の葛藤やつらい雌伏(しふく)の時間があったという。阿久悠の没後10年、生誕80年となる今年に、その作品と生き方に迫る。

●故郷を持たない少年
敗戦で180度の価値転換。警察官の父は転勤が多く、友だちとは「別れがつらくならない程度」に付き合った。そんな少年時代に肺結核を患い、「激せず、穏やかに暮らす」よう医者に強く言い渡される。その頃、すでに同じ年の美空ひばりは大スターであった。ヒットメーカー・阿久悠にとって美空ひばりの存在とは? そして、大学進学のため上京した阿久にとっての「旅立ち、故郷」とは?

●作詞家デビューは意外にも遅かった阿久悠
大学を卒業して広告代理店社員に。結婚を機に放送作家、そして作詞家に。時代を捉えた斬新な言葉選びで頭角を現す。(「朝まで待てない」「白い蝶のサンバ」「また逢う日まで」など) 阿久流の作詩家としての視点に迫る。

●新しいスター誕生
伝説の番組「スター誕生」に企画者・審査員として参加。番組からは森昌子、桜田淳子、山口百恵、ピンク・レディーなど人気アイドルが誕生した。アイドル歌手への画期的な歌作りの秘策とは?

●小説家へ、10年の遠回り
作詞家として半年の休筆を宣言。小説「瀬戸内少年野球団」の映画化が成功するも、候補に挙がった直木賞には届かず。栄光の生涯に見え隠れする、ほろ苦いもの…。(「雨の慕情」「熱き心に」「時代おくれ」など) 晩年、腎臓ガンとの闘病生活を克明に書き残した。

昭和歌謡界随一の理論派・作詞家と評されながら、阿久悠が紡ぐ詞には多くの人々の心を射止める「情」があふれていた。大きく時代が変化する中で、絶えず新しい詩作りを目指した阿久。それは今までの歌謡曲の伝統や実績にとらわれない、阿久の新たな作詞家としての挑戦だった―。


BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継
日替わりオススメ