ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~

ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~

  • トップページ
  • バックナンバー
  • インタビュアー
  • contents4

番組概要

今、あなたに聞きたいことがある…

様々なジャンルで時代を切り拓いてきたトップランナーたち。
彼らは、如何にして“新たな時代の扉”を開いてきたのか?
知られざる『裸の履歴書』が明かされる。
週末の土曜・日曜18時から二夜連続でお届けする『ザ・インタビュー』は時代の「トップランナー」と人間洞察のプロである「インタビュアー」との手に汗握る真剣勝負をお届けする全く新しい感覚のドキュメンタリー番組です。

放送予定

12月10日(土)
ゲスト:遠藤憲一(俳優)

ゲスト×インタビュアー
遠藤憲一(俳優)×舘野晴彦(編集者)

高校を中退しアルバイト生活を送っていたある日、電車の中で、演劇の広告を見て、その世界に足を踏み入れる。その後、仲代達矢が主宰する「無名塾」の試験を受け、合格。当時800人が受験して、5人しか合格しないという狭き門を見事に通過したのだ。しかし、集団生活が苦手だった遠藤は、たった10日で辞めてしまう。
再びアルバイトの生活に戻った遠藤は、ある日たまたま見た「劇団 昴」の二人芝居「動物園物語」に自身の人生を重ね、感動。「この芝居がしたい」と、かつて所属していた劇団の先輩と2人で「動物園物語」を1日限定で演じた。その芝居を見ていた事務所の社長に声を掛けられ、テレビの世界に進むことに。
1983年、NHK「壬生の恋歌」でテレビデビュー。しかし、その後はオーディションを受けるも落ち続けた。その数、50回以上。さらに、鋭い目つきとそのこわもての風貌から、回ってくるのは、ヤクザや殺し屋、殺される役ばかり…。しかし、テレビの世界で演じることにのめり込んでいた遠藤は、25歳の時アルバイトを辞め、役者1本で生きていくことを決意する。そんな苦しい下積み時代に出会ったのが、妻でマネジャーの昌子さんだった。そして、29歳で昌子さんと結婚。その後、少しずつ仕事が軌道に乗っていく。俳優だけでなくCMにも出演、テレビ番組のナレーションには、これまで700本以上の作品に携わってきた。最近では、三枚目やお茶目な役など、かつての遠藤には想像もできない役も率先して演じている。また、11月公開の映画では、1人の主人公の40年間を熱演した。さまざまな役柄を、遠藤はどのように演じ分けているのか? 今や日本を代表する名バイプレイヤーとなった遠藤の原点とは? また、今年55歳の遠藤がこれからの役者人生で目指すものとは? 
インタビューの場所は、東京・麹町にある「たけとんぼ」。遠藤が20年以上通う、行きつけの居酒屋だ。“魔法のスープ”と呼ばれるだしを使ったちゃんこ鍋をつつきながら、いつものリラックスした雰囲気の中、俳優・遠藤憲一は何を語るのか?

12月11日(日)
ゲスト:鈴木宗男(新党大地 代表)

ゲスト×インタビュアー
鈴木宗男(新党大地 代表)×末延吉正(ジャーナリスト)

1948年1月、北海道足寄町(あしょろちょう)大誉地(およち)に生まれる。冬はマイナス20度以下の寒さが1カ月以上続くような厳しい環境、そして暮らしは貧しかった。この土地を少しでもよくしたいと、将来政治家になろうと決めたのは、小学生のころ。畑作農家だった父親は、一番いい馬を売って東京の大学へと行かせてくれたという。
拓殖大学在学中より父親が後援会に入っていた衆議院議員・中川一郎の秘書を務める。最初の3年間は365日休まず働き、NHKが「日本一働く秘書」と特集を組んだほどだった。
1983年、前年に自民党総裁選挙に出馬し最下位に終わった中川一郎が自殺。その後、鈴木宗男は中川一郎の長男・昭一と同じ選挙区で立候補し、骨肉の争いといわれた選挙戦で昭一と共に初当選を果たす。
42歳で外務政務次官、44歳で自民党副幹事長と頭角を現し、49歳のときに初入閣、北海道・沖縄開発庁長官に就任した。閣僚として初めて北方四島を訪問するなど、北方領土問題の解決にまい進していく。
しかし、2002年、54歳の時に、外務省をめぐる疑惑事件に巻き込まれ自民党を離党。同年、あっせん・収賄容疑で逮捕・勾留された。検察の取り調べに対し自説を曲げず、勾留期間は戦後最長の437日となった。
さらに、55歳で再起をかけた衆院選の直前に胃がんが発覚。転移の恐れもあり、手術のため不出馬となった。そして2005年9月の総選挙に向け、鈴木宗男は盟友・松山千春のバックアップを受けて「新党大地」を旗揚げ。以後、2回の当選を果たす。
62歳で実刑が確定し、収監されるも、妻や娘からの手紙を心の支えに刑期を過ごした。そして68歳となった今、12月15日に山口県で行われる日露首脳会談を前に、再び鈴木宗男に注目が集まっている。誰よりも日露交渉を知るキーパーソンは、北方領土問題の行く末をどう見据えているのか?
国家の要職を歴任した立場からドン底に突き落とされ、それでもはい上がってきた不屈の男・鈴木宗男の人生に、ジャーナリストの末延吉正が迫る!


放送予定

放送日 放送内容
2016年12月17日(土) 火野正平(俳優)
2016年12月18日(日) 橋本大二郎(キャスター)

キャスト

◆男性インタビュアー

【舘野晴彦】HARUHIKO TATENO

幻冬舎 専務取締役・雑誌局統括編集長/中田英寿氏、中村勘三郎氏、さだまさし氏、大竹しのぶ氏、内館牧子氏、押井守氏、上原ひろみ氏、桑田真澄氏など様々なジャンルの著者の担当編集者として数々のベストセラーを輩出。原作の映像化プロデュースも数多い。

【末延吉正】YOSHIMASA SUENOBU

政治ジャーナリスト。早稲田大学を卒業後テレビ朝日に入社。アメリカ・中東・アジアの特派員などを経て経済部長、政治部長を歴任後、2004年に独立。政治・経済・外交・メディアをテーマに取材・執筆、講演で全国各地を回る。

BS朝日 フィギュアスケート グランプリシリーズ2016
BS朝日12月 日替わりオススメ