ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~

ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~

  • トップページ
  • バックナンバー
  • インタビュアー
  • contents4

番組概要

今、あなたに聞きたいことがある…

様々なジャンルで時代を切り拓いてきたトップランナーたち。
彼らは、如何にして“新たな時代の扉”を開いてきたのか?
知られざる『裸の履歴書』が明かされる。
週末の土曜・日曜18時から二夜連続でお届けする『ザ・インタビュー』は時代の「トップランナー」と人間洞察のプロである「インタビュアー」との手に汗握る真剣勝負をお届けする全く新しい感覚のドキュメンタリー番組です。

放送予定

7月30日(土) ゲスト:高橋幸宏 (ミュージシャン)

ミュージシャン・高橋幸宏、64歳。
小学生からドラムを始め、プロとして活動を始めたのは高校生時代。その後、サディスティック・ミカ・バンド、YMOで世界を席巻し、今なお時代の最先端を走り続けている。そんな高橋が、最先端の音楽を生み出し続ける原動力とは? 
インタビュアーは、前「AERA」編集長の浜田敬子。青春時代にYMOが直撃した世代だという。高橋といえば、おしゃれでダンディーなイメージだが、そのスタイルはどのようにして生まれたのか? そこに疑問を抱いた浜田は、高橋にゆかりのあるレコードを使ってインタビューを進めていく。
また、高橋の名が日本全国に知られることになった、サディスティック・ミカ・バンド、YMOの裏話もたっぷり披露! “奇跡の世代”と呼ばれた同世代のミュージシャンたちとの交流から、運命的な加藤和彦との出会い、熱狂的に迎えられたミカ・バンドのイギリスでの活動、高橋だからこそ話せる細野晴臣・坂本龍一との秘話、そして、爆発的な人気の裏で抱えていた苦悩まで…。
さらに、今年で9年目を迎える夏の風物詩、都市型フェスの“ワールド・ハピネス”についても。高橋は運営側の一員として、若いアーティストから実力派シンガーまでをキャスティングし、アーティストたちの交流に一役買っている。いわゆる“夏フェス”に高橋が深く関わる理由とは? そして高橋から見た、今年の最大の見どころとは?
現在、高橋は「METAFIVE」というユニットに参加している。おしゃれで最先端、それでいて耳なじみが良い「METAFIVE」のサウンドは、とても60代半ばの男が生み出したものとは思えない。なぜ今も変わらず最先端でいられるのか? なぜ、高橋は海を越えて世界中に受け入れられたのか? その理由が、時代を象徴する名盤とともにひもとかれていく!

7月31日(日) ゲスト:小林克也 (DJ)

日本DJ界の草分け的存在、小林克也。
小林の子どものころの唯一のおもちゃは、ラジオだった。聞こえてくる英語放送を、訳も分からず聞いているうちに、英単語を覚え始めたという。中学に入ったころには、だいぶ英語が聞き取れるようになっていたが、ある日プレスリーの「ハートブレイクホテル」に衝撃を受ける。他の曲はある程度歌詞がわかったのに、プレスリーは全くわからなかったのだ。しかし、心地よい曲調に夢中になり、ラジオの前でプレスリーかかるのを待っていた。高校生になったころには、英語の先生に文句をいうほど、英語に自信を持つように。
その後、英語で身を立てるかのように、DJの道に進む。ラジオ番組で曲の合間に入れた“おふざけコント”が評判となり、その名が広まっていった。後にレコード化までされた「スネークマンショー」の内容は、まさに“何でもあり”。アナーキー過ぎる内容を小林自身はどう考えていたのか?
1981年には、一世を風靡(ふうび)した音楽番組「ベストヒットUSA」がスタート。小林は名だたる大物アーティストにインタビューをし、交流を深めてきた。ポール・マッカートニーへのイギリスでのインタビューの際には、現地スタッフも緊張を隠せない中、小林までも極度に緊張してしまった。しかし、その緊張を解いたのは、ポールが開口一番発した一言だった。その言葉とは? 
1982年、当時人気絶頂だったマイケル・ジャクソンが、新作「スリラー」を発表した際には、10分以上あるPV(プロモーションビデオ)を、ノーカットで公開し話題に。今回のインタビュアーを務めた松岡修造も鮮明に覚えているという。後のPVを変えたとまでいわれる、「スリラー」のPVを、小林はどう捉えていたのか? 当時、「アメリカとイギリスの差が対照的で面白かった時代」と小林は振り返るが、米英のPV事情はどのように違ったのか?
また、当時「テレビには出ない」と公言していた矢沢永吉が、「ベストヒットUSA」に出演することになった際の裏話も。当日、10分遅刻してしまったという小林に、矢沢が取った態度とは?
60歳を越えてから、がんで2度の闘病生活を経験した小林。さまざまな人に出会い、その考えを聞いてきた人生…。言葉で勝負し続けてきた男が今、後世に残したい思いとは?


放送予定

放送日 放送内容
2016年8月6日(土) 有馬稲子 (女優)
2016年8月7日(日) 山川豊 (歌手)

キャスト

◆男性インタビュアー

【松岡修造】SHUZO MATSUOKA

スポーツキャスター。プロテニスプレーヤーとして活躍。
95年ウィンブルドン大会でベスト8進出。
現在、テレビ朝日「報道ステーション」スポーツコーナーの顔として活躍中。

◆ 女性インタビュアー

【浜田敬子】KEIKO HAMADA

前「AERA」編集長。 上智大卒業後、朝日新聞社入社。93年に週刊朝日編集部。99年からアエラ編集部。女性や雇用の問題、同時多発テロなどを取材。