ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~

ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~

  • トップページ
  • バックナンバー
  • インタビュアー
  • contents4

バックナンバー

10月18日(土)ゲスト:田中優子

この春、法政大学に東京六大学で初の女性学長が誕生した。 「江戸の想像力」「江戸百夢」など数多くの著書を持ち、早くから法大生え抜きのスター教授として活躍してきた、田中優子。

そんな田中に対峙するインタビュアーは、編集者・石原正康。実は、石原自身も法政大学の卒業生。しかも、在学中には田中の講義を受講していた。

それから30年余り…。 日本を代表する江戸文化の研究者、そして数万人が在学する大学の総長、2つの大きな肩書きを持つことになった「先生」に、「教え子」が迫る。

法政大学のトップとして、学校運営にどんな手腕を発揮していくのか?そこには、田中流の独自のビジョンがあった。

さらに、東京オリンピック開催の決定を受け、国内外で再び火がつき始めている「江戸ブーム」。鎖国され閉鎖された時代と思われがちな江戸時代270年の真の姿、そして、先人たちが築いてきた素晴らしい文化、技術が、どのような形で現代に活かされているのか?江戸文化研究者としての田中優子に迫る。

さらに、大規模な再開発が進行中の市ヶ谷キャンパスを、2人はタイムスリップしたように散策。当時と変わらぬ学び舎も2020年に姿を消してしまう…。 久々に巡る思い出の場所で、田中と石原の笑顔もはじける。

教師と教え子…。そして、現在は大学総長と編集者。 2人の間にある、大きな信頼の中で繰り広げられたインタビュー。 江戸の魅力、日本人のたくましさ、そして大学の明るい未来を感じさせる1時間となった。

10月19日(日)ゲスト:永守重信

これまで手がけた39件のM&Aすべてを成功させ、"企業再生の神様"と呼ばれる日本電産会長・永守重信。技術を持った赤字企業を買収し、開発に要する膨大な時間をカット。さらに買収先の従業員をリストラすることなく、相手企業の業績を回復させてきた。

その手腕は内外から高く評価されているが、中でも財界から注目を集めているのが、その人材育成術。赤字企業の社長から若手社員まで、隔てなく積極的にコミュニケーションをとることで、仕事への意識変革を起こさせるという。口癖は「給料の5倍働いたら、一人前の口を利いて良し」。部下を厳しく叱責する一方、自身も「元旦の午前中以外、365日仕事」というハードワーカー。その原点は、苦労を重ね、働きづめで寝顔を見たことがなかったという母との「人の2倍働く」という約束だった。

日本電産設立当初は、簡単に注文を取れず苦難の連続。しかし、1日16時間労働でライバル企業よりも納期を縮め、技術の高さをアピールし、業界内に確固たる地位を築いていった。その苦しかった時代を忘れないために、本社のエントランスには、創業当時の本社だったプレハブ小屋が置かれている。そこには、資金を借りるために担保にした証書も残っていた。

「2030年に売上高10兆円」という、現在の売上高の10倍の目標を掲げる永守だが、アベノミクスによる日本経済の再生は今もなお模索の途上…。ものづくり日本の復活はあるのか?日本は今後、どのような道を歩むべきなのか?

インタビューの舞台は、京都一の高さを誇る日本電産の本社ビル。タレント、エッセイストの小島慶子が、わずか41年で1兆円企業に成長させた、たたき上げの気骨を持つカリスマ経営者、永守重信に独自の視点で迫る。


BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継