アーシストcafe 緑のコトノハ

アーシストcafe 緑のコトノハ

  • トップページ
  • バックナンバー
2015年6月1日~6月5日
山田直行(名栗カヌー工房 代表) 

埼玉県飯能市で、地元の山の間伐材を使って、カヌーを手作りしている山田直行さん。飯能は江戸時代から名を馳せた「西川材」とよばれる杉やヒノキなどの産地です。しかしこの林業の町でさえ、間伐材の有効利用は課題。杉などの人工林は定期的に間伐をすることで、その環境が健全に保たれます。しかし安価な外材に押され、手間のかかる作業は避けられがち。またたとえ間伐されても、売り物にならない木の多くが山に切り捨てにされてしまいます。そのために山田さんが始めたのが、地元の間伐材で作るカヌーでした。中でも杉は柔らかくて加工しやすく、軽くて水に浮きやすく、さらに芯の部分の赤白の色味が美しいため、ウッドカヌーに最適なのです。 1996年から名栗湖畔でカヌー工房をスタートさせ、自然を愛する全ての人が気軽にウッドカヌー作りを楽しめるようにと、活動を続けてきた山田さん。工房で作ったカヌーを使って、名栗湖でカヌーの乗り方も教えています。さらにカヌー作りで培った木工技術を活かして家具作りも行い、近隣の幼稚園や企業でも活用されるなど、名栗カヌー工房の間伐材の有効活用は、広がりを見せています。 「山を大切に守りながら、活用する楽しみを多くの人に知ってもらいたい」と、山田さんは願っているのです。


BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継