アーシストcafe 緑のコトノハ

アーシストcafe 緑のコトノハ

  • トップページ
  • バックナンバー
2017年6月19日~6月23日
深野晃正 (釣りしのぶ工房「萬園」)

エアコンや扇風機の無い江戸時代、人々はどうやって真夏の暑さをしのいでいたのでしょうか?当時の暮らしを偲ばせる「江戸の粋の極み・涼の工芸品」があります。青々とした葉がひらひら揺れる「釣りしのぶ」。江戸っ子たちは夏になると軒に吊るして、家々に涼を呼びこんでいたのです。歌川広重も浮世絵「音曲町繁花の商人」にその涼しげな風情を描いています。かつては沢山あった釣りしのぶ工房も、今は東京では1軒だけ。江戸川区の「萬園」の2代目深野晃正さんが、家族で年に3000個ほど作り、貴重な「涼の工芸品」を今に伝えています。「しのぶ」とは樹木に着生するシダの一種。割り竹や木炭・杉板などをコケで包み込み、その上に芽が出る前の「しのぶ」の根をはわせ、銅線を使って灯篭や井げたなど様々な形に組み上げていきます。井げたは井戸の水がコンコンと湧くが如く、商いがうまくいくようにという縁起物。江戸庶民の願いを深野さんは伝えています。その一方で深野さんは時代に即した新たな釣りしのぶに挑戦。例えば金魚をあしらった釣りしのぶは、地元江戸川が金魚の名産地であることから発想したものです。また美大生とコラボして新しいデザインを試作するなど、76歳になっても深野さんの挑戦に終わりはありません。釣りしのぶ作り一筋の深野さんの味あるコトノハから、江戸の人々の粋な暮らし方も学びたいと思います。

深野さんの仕事をもっと知るには・・・
https://ameblo.jp/tsuri-shinobu/


BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継
日替わりオススメ