京都ぶらり歴史探訪

京都ぶらり歴史探訪

  • トップページ
  • バックナンバー
  • 番組内紹介リスト
  • 出演者

放送内容

2時間スペシャル 酉年ゆかりの都開運めぐり

最初に訪れるのは、三大八幡宮のひとつで「石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)」。その鳥居の文字や、楼門で、神様の使いである鳩(はと)を見ることができます。代々皇族が住職を務める「聖護院門跡(しょうごいんもんぜき)」で待つ酉は、室町時代から江戸時代までを駆け抜けた天才絵師集団、狩野派による孔雀(くじゃく)のふすま絵。さらに不動明王像の背には、仏教の守護神である火の鳥、迦楼羅焔(かるらてん)も。建仁寺(けんにんじ)の塔頭(たっちゅう)寺院の一つである「両足院(りょうそくいん)」で出会ったのは、伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)が描いた鳥の掛け軸。そして、平安時代に起源を持つという泉涌寺(せんにゅうじ)の塔頭の門の上には、平等院の鳳凰と向き合う鳳凰(ほうおう)。その、平等院とのかかわりとは?
そして、新年にご利益を得られるという神社仏閣へ。街の中心に平安時代から建つ「神泉苑」は、弘法大師空海の物語が。吉方位にまつわる小さな祠で、毎年大晦日の深夜に行われる儀式があります。そんな吉方位と関わる「晴明神社」は、陰陽師・安倍晴明を祀り、魔除け厄除けのご利益があるといいます。私達の生活に実は深く根ざしているという陰陽道とは?妙心寺の塔頭、東林院では、新春に縁起の良い料理を頂けます。さらに、京都の新年といえば、七福神めぐりも欠かせない催し。「都七福神めぐり」に名を連ねる「妙円寺」で、五穀豊穣や商売繁盛のご利益があるという大黒天を訪ねます。そして、古墳時代からこの街を見守ってきたという「日向大神宮」。京都にいながら「お伊勢参り」が出来る「京の伊勢」で、いにしえの物語を紐解きます。

番組内紹介リスト

s
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継