京都ぶらり歴史探訪

京都ぶらり歴史探訪

  • トップページ
  • バックナンバー
  • 番組内紹介リスト
  • 出演者

放送内容

春の京都を満喫 厳選!観光スポット巡り
〝古都ガイドマップ〟参詣曼荼羅をもとに歩く清水寺 4時間スペシャル

今回は春の4時間スペシャル。この麗らかな季節に、ぜひ足を運びたい、古都の「8つの名所」を番組が厳選。それぞれが歩んだ永い歴史とともに、ご紹介していきます。
例えば…今、日本だけでなく、世界の人々の心を強く惹きつける「伏見稲荷大社」、京の都の入り口、五重塔が凛とそびえる「東寺」、この世に極楽浄土を表し、時を超えて多くの人々が手を合わせる「平等院鳳凰堂」、現代にまで続く日本文化が育まれた「銀閣」、華やかな祇園の街の象徴となってきた「八坂神社」、禅の心の神髄が感じられる「南禅寺」、その静けさと癒しを求め、人々が足を運ぶ「大原三千院」。
そして今回、最もお勧めしたいのが、日本全国はもとより、世界中から沢山の観光客が訪れる清水寺。現在、10年以上にわたる改修の真っ最中で、間もなく舞台や本堂も工事に入るため、その美しい姿を暫く見られなくなるのです。この地に都が移されるよりも前に創建されたと伝わる清水寺は、1300年もの長きに渡り人々を魅了し続けて来ました。一体どうして、私たちは清水寺に強く惹きつけられるのでしょうか。その謎を解くカギが、「清水寺参詣曼荼羅」。これは500年ほど前に作られたと言われる、いわば清水寺の「観光パンフレット」。そこには驚くべき寺の姿が記されていました。なんと、この寺のシンボルとも言える「清水の舞台」が、もう一つ描かれているのです。当時、もう一つの舞台は本当にあったのでしょうか?また、この参詣曼荼羅には、元々武蔵坊弁慶の姿が描かれており、のちに消された痕跡が…。弁慶と清水寺にまつわる意外な物語とは?さらに、この寺に人々が惹きつけられる理由が、建物の美しさを際立たせる、配置。清水の舞台から見える風景や、入口から見える建物の美しさは、創建当時から計算され尽くされたものだったのです。環境デザインのスペシャリストが語る、建物の配置の秘密とは?500年前の清水寺参詣曼荼羅と、最先端の環境デザイン、2つの視点から清水寺をひも解き、その歴史と魅力をあますことなくお贈りします。 春に趣を高める、いにしえの名所で出会える時の面影、ぜひお楽しみください。

番組内紹介リスト

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継