BS朝日

番組表


NOW ON AIR

    次回放送予定

    「遊び心を育てる 都会の人形劇場」(東京都・渋谷区)

     

    新宿駅の近く。高層ビル街の谷間に、ひときわ目を引くレトロな建物があります。
    日本の人形劇団の草分け、「プーク」の専用劇場です。席数は106と大きくはありませんが、年間200回の定期公演が行われ、親子連れでにぎわいます。

    岡本和彦さん(70)は、劇団きってのベテラン俳優。とぼけた味わいの演技で観客を楽しませます。
    1929年の創立以来、人形劇の新たな表現を開拓し続けてきた劇団。
    演目の多くは、人形を動かす役者の姿をあえて見せる「出づかい」と呼ばれる演出です。
    自分自身がどれだけ遊べたか?を大事にしているという岡本さん。
    どんな思いで舞台に立ち続けているのでしょうか?

    番組概要

    過去から現在、そしてみらいへ・・・
    営々と築いてきた人と土地の豊かな結びつきを伝える。

    田畑、草花、海、山、街並み、建物・・・

    名もない風景であっても、その土地に根差して暮らす人にとっては特別な、自分だけの「世界遺産」です。この番組の主人公は、「人生90年」の時代を迎えた長寿国・日本を支える、いきいきとしたシニアたち。彼ら「HUMAN=人」が未来へ向けて大切に守り伝えてゆきたい「LANDS=風景」を、番組では「みらい遺産」と名付け、美しい映像で紹介します。

    今や老後は余生ではない・・・日本人の新たな安心のカタチを、その人が愛おしく見つめる日本の美しい風景と、ご本人たちの「想い」を伝える言葉で綴り、人(HUMAN)と風景(LANDS)の 強い結びつきを紹介します。