BS朝日

番組表


NOW ON AIR

    放送内容

    十勝の人々と共に歩むばん馬(北海道・上士幌町)

    かつて北海道の開拓で、重い荷物を運び、畑を耕した農耕馬「ばん馬」。
    厳しい労働に耐えられるように品種改良された、体重1トンを越える大きな体が特徴です。
    子供の頃から馬と共に畑を耕してきた鈴木義尚さん(73歳)は、今ばん馬の繁殖に力を入れています。
    農業の機械化が進み、農耕馬の役目を終えた、ばん馬たちは鉄のソリを引いて力を競う「ばんえい競馬」で活躍しています。
    十勝の人々の暮らしを支えてきたばん馬に寄せる、鈴木さんの想いに迫ります。

    次回放送予定

    握り続けるふるさとの味 鶏めし(大分県・大分市)

    のどかな農村風景が広がる、大分市吉野地区。
    今回、みらい遺産を紹介してくれるのは、鶏めしの製造所を営む帆足キヨさん(75歳)です。
    「鶏めし」は大分県の郷土料理。炊きたてのご飯に醤油・酒・砂糖などで味付けした鶏肉とごぼうを混ぜ込んで作ります。
    猟師が晴れの日にだけ、貴重な鶏や雉の肉を供したのが始まりとされています。
    帆足さんは、多くの人々に鶏めしを知ってもらおうと、多いときには1日、1万7000個の鶏めしのおにぎりを握っています。
    ふるさとの味・鶏めしを握る手に込める、帆足さんの想いとは・・・?

    番組概要

    過去から現在、そしてみらいへ・・・
    営々と築いてきた人と土地の豊かな結びつきを伝える。

    田畑、草花、海、山、街並み、建物・・・

    名もない風景であっても、その土地に根差して暮らす人にとっては特別な、自分だけの「世界遺産」です。この番組の主人公は、「人生90年」の時代を迎えた長寿国・日本を支える、いきいきとしたシニアたち。彼ら「HUMAN=人」が未来へ向けて大切に守り伝えてゆきたい「LANDS=風景」を、番組では「みらい遺産」と名付け、美しい映像で紹介します。

    今や老後は余生ではない・・・日本人の新たな安心のカタチを、その人が愛おしく見つめる日本の美しい風景と、ご本人たちの「想い」を伝える言葉で綴り、人(HUMAN)と風景(LANDS)の 強い結びつきを紹介します。