新・にほん風景遺産~故郷を見つめなおそう~

新・にほん風景遺産~故郷を見つめなおそう~

  • トップページ
  • バックナンバー

沖縄やんばる
~希少な生命の楽園 神秘の森をゆく~

漢字で「山原」と書いて「やんばる」。やんばるは、「山々が連なり、森が広がる地域」という意味を持ち、沖縄島北部一帯を指す。大宜味村、東村、国頭村の北部3村は、特に自然環境が良い状態で残っており、多くの動植物が生息。ヤンバルクイナ、ノグチゲラ、ヤンバルテナガコガネといった生息域がほぼこの3村に限られたものも多く、生き物の楽園となっている。現在の国道58号などが整備されていなかった頃には陸路がなく、陸の孤島と呼ばれていた集落もあった。
そんな沖縄やんばるを旅するのは、俳優・中本賢。広大な照葉樹林のやんばるの森を散策し、年間3000ミリにもなる降水量が、やがて無数の小さな流れとなって湧き出し、多様な植物や生き物を育んでいることを知る。さらに夜間にも渓流を目指してやんばるの森へ。ケブカコフキコガネ、イボイモリ、オキナワイシカワガエルなどの希少種にも遭遇する。また、やんばるの森周辺に点在する集落を訪ね歩き、シークァーサーを作る93歳のおじいさん、民謡名人の91歳のおばあちゃんなどに出会い、いかにして大自然と共に暮らしてきたかを知る。
旅のクライマックスは、やんばるの聖地・大石林山へ。大石林山がある一帯の山は安須杜(アシムイ)と呼ばれ、琉球を創成したとされる女神・アマミキヨが降り立った沖縄最初の聖地といわれる場所。奇岩や巨石、巨大なガジュマルやソテツの群生など、やんばるの神秘にふれる登山道。そして、頂上からは鹿児島県与論島を望む大パノラマが広がっている。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継