円楽の大江戸なんでも番付

円楽の大江戸なんでも番付

  • トップページ
  • バックナンバー

バックナンバー

東海道五十三次 小田原城でほいさっさ

「東海道五十三次の名物番付」第2弾。
東海道を浜松で東西に分け、名物・名産品を格付けした番付で、まさに東海道旅のガイドブック!今回は、日本橋より6つ目の宿場・藤沢宿から出発。家康が植えた松並木や、江戸から進行方向の左側に富士山が見える、いわゆる"左富士"など今も江戸の名残が感じられる風光明媚な東海道をてくてく。平塚宿、大磯宿を抜けると、江戸から初めての城下町小田原へ。番付の関脇には、「初鰹(がつお)」、前頭には、「外郎(ういろう)」「提灯(ちょうちん)」「いか漬け」など沢山の名物が格付けされている小田原宿。江戸と小田原の意外な関係とは?番付片手に東海道名物をめぐる旅をご一緒に!

<難攻不落の名城・小田原城の意外な秘密>
小田原のシンボルで、天下の名城・小田原城へ寄り道。名将・武田信玄や上杉謙信も落とせなかった小田原城は、北条早雲(そううん)が約100年に渡り整備したという城。そこには、難攻不落といわしめる様々な秘密がありました。知恵と伝統の技術が随所に見られるその秘密とは?!さらに、"幕府を守る城"といわれるほど江戸と関係があった理由とは?!

<今も受け継がれる小田原名物>
日本橋から9番目の宿場・2日目の宿泊地としてにぎわった小田原の名物は、代々受け継がれて今も人気の名物ばかり。

   
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継