ボクらの地球

ボクらの地球

  • トップページ
  • 作品一覧

放送内容

榮倉奈々のメキシコ ~幻の文明と聖なる泉の秘密~

メキシコ湾とカリブ海に突き出たユカタン半島には、地上を流れる川はない。石灰岩から成り立つユカタンでは、降り注いだ雨は地中に浸み込み、長い年月をかけて地底に長大な泉「セノーテ」をつくる。石灰層にろ過されたセノーテの水はどこまでも透明で、鍾乳石に飾られた幻想的な水中景観をつくり出す。そして…。
セノーテは独特な自然環境を育み、幻の古代文明であるマヤ文明を発展させた。マヤ文明繁栄の根底には、このセノーテが流れる地下世界が大きく影響していたのだ。
女優・榮倉奈々がユカタンの自然と神秘の泉・セノーテを体感し、マヤ文明と自然とのかかわりを探っていく。

【チチェンイツァ】

1988年に世界文化遺産に登録された、マヤ文明最大の都市遺跡「チチェンイツァ」。ここで榮倉さんの目に飛び込んできたのは、圧倒的な存在感を放つピラミッド「カスティーヨ」。
このピラミッドは、高度な天文学の知識を得るものであると同時に、王様や身分の高い祭司が祈りや儀式をして、太陽へいけにえの心臓をささげる場所でもあった。さらに、このピラミッドの近くにはセノーテがあり、そこには汚れなき少女のいけにえがささげられた。
このセノーテこそが、マヤの人々の生活を支え、文明を発達させたものであった。

【マヤの人々】

チチェンイツァから40kmのところにあるショケン村には、マヤの末裔(まつえい)が暮らしている。彼らはセノーテの水を生活水として使い、大地に感謝し、体に異変があるときには、大地の精霊に祈りをささげる儀式を行なう。

【イスラ・ムヘーレス】

ユカタン半島の先端に位置する観光都市・カンクンから船で30分ほどの場所にあるムヘーレス島。カラフルな町並みが人気のこの場所は、リゾート地と自然が共存することを考えさせられる場所でもある。
榮倉さんはリゾート化した浜辺で産卵できなくなってしまったカメの繁殖センターや、イルカやマナティと触れ合うことができる施設を訪ね、共存のむずかしさと大切さを知ることとなった。

【セノーテ】

現在、ユカタンでは3000を超えるセノーテが確認されている。榮倉さんはその中から2つのセノーテを訪ねた。長い年月をかけて自然がつくり出した地下世界は、どこまでも透き通った水と鍾乳石が光りに照らされ、息を飲むほど神秘的な世界が広がっていた。
この地下水脈のいくつかは海へと続いているという。

【トゥルム遺跡】

マヤ遺跡の中で唯一海に面し、マヤ文明終えんの地となったトゥルム遺跡。セノーテが育んできた美しいカリブ海を望むこの場所で、榮倉さんは何を思うのか…。

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継