熱中世代 大人のランキング

熱中世代 大人のランキング

  • トップページ
  • バックナンバー
  • 放送曲名リスト
  • ランキング募集
  • Facebook
  • ツイッター

バックナンバー

2017年2月19日

熱中ゲスト

瞳みのる・森本タロー <前編>

ゲストは元「ザ・タイガース」のメンバー、「ピー」こと瞳みのるさんと、「タロー」こと森本タローさんをお二人をお迎えする。テレビのトーク番組に2人そろって出演されるのは、これが初めてのこと。1967年にデビュー。社会現象にもなった「GSブーム」の象徴ともいえる「ザ・タイガース」の誕生から解散の真相、そしてデビューから50周年を迎え、古希を迎えるメンバーたちの衰えぬ情熱を超貴重映像を交え2週にわたって紹介する。

“古希”を迎えた「ザ・タイガース」衰えぬパワー

二人はこのほど、相次いで70歳「古希」を迎え、改めてその心境を伺う。また「古希」を記念して行われた二人それぞれのコンサートの模様をいち早くご紹介。なかでも森本タローさんの「70thバスデー・ライブ」には、「ザ・タイガース」のオリジナル・メンバー5人全員がステージ上に勢ぞろい。その貴重な瞬間は必見!

同級生から生涯の仲間へ 音楽が結んだ友情の軌跡

二人は、京都市内の同じ小学校の同級生。その後、二つの川の流れのように、あるときは交差し、あるときは離れて、これまでの人生を送られてきた。あたかも大河ドラマのように出会いと別れを繰り返す、二人の人生。その根底にある「友情」と「音楽への思い」を語る。

スターダムへ GSブームと「ザ・タイガース」

中でも友達バンドから、あっという間にスターダムにのし上がった「ザ・タイガース」について、また一世を風靡した「GSブーム」を、当事者の二人はどのように見ていたのだろうか。そして二人にとっても懐かしのGSグループと曲のランキングも紹介

衝撃の解散劇の真相 それぞれの道へ、決断の瞬間に迫る

人気絶頂の最中にあって、「ザ・タイガース」をめぐる環境はめまぐるしく変化していった。そしてトッポ(加橋かつみ)の脱退を経て、世間をあっと驚かせた突然の「解散劇」の真相とは? その時彼らの胸に去来した複雑な思いに迫る。さらに1971年1月24日、武道館でのラスト・コンサート後の、驚愕の真実について迫る。

森本タロー

1967年にグループサウンズ「ザ・タイガース」のメンバーとして芸能界にデビュー。
ザ・タイガース解散後は、数多くの歌手やタレントの育成に携わる。
また、音楽プロデュー サーとして西城秀樹、岩崎宏美、河合奈保子、八代亜紀、北大路欣也らをプロデュース。
作詞・作曲はもちろん、映画・ドラマ・コマーシャル音楽など幅広い分野で作曲活動を続けている。
現在は「森本タローとスーパースター」のリーダーとしてバンド活動も続けている。


瞳 みのる (音楽家・著述家)

1946年9月22日 京都市生まれ
1967年2月5日ザ・タイガースのドラマーとして「僕のマリー」でデビュー。
「君だけに愛を」「花の首飾り」など多くのヒット曲を放ち、
熱狂的な人気を得てGSブームの頂点に立つ。


BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継