歴史ミステリー 日本の城見聞録

歴史ミステリー 日本の城見聞録

  • トップページ
  • バックナンバー

お知らせ

  • 放送終了後 随時配信!

番組概要

建てられた場所、構造、形、色・・・
城には武将たちの狙いが秘められ生き抜いた証が刻まれています。

戦国乱世の武功はもちろん天下人たちが治める時代にも武将たちは処世術によってわが身と家名を守るため懸命に闘っていました。

全国の城を旅しながら人間ドラマと歴史ミステリーを識者たちの解説を交えて解き明かしていきます。

城案内人:篠井英介 大谷亮介

放送内容

2017年5月25日(木)放送

雲の上の要塞“天空の城”を攻める!
備中松山城・郡上八幡城

雲の上の要塞。
山の頂に建てられた“天空の城”は、その美しさからは想像できませんが、実は、何度も戦いの舞台となった、激戦の城だったのです。
絶対に落とされないために、城主たちは途方もない労力を費やして、難攻不落の城を築いたのです。

現存12天守の中で、ただひとつの山城である、備中松山城。
自然の岩盤と石垣の見事な融合から生まれた城の天守は勇壮でかつ華麗。
雲の合間から顔を出す天守の姿は、まさに“天空の城”です。

そして、もう一つの“天空の城”は戦国の武将たちが死力を尽くして奪い合った、郡上八幡城。
山麓から頂の天守を目指して進むルートに仕掛けられていたのは、攻め込む敵を撃退する幾つもの罠でした。

幻想的な美しさを誇り、まるで雲の上に浮かんでいるように見える城郭。
今回は2つの“天空の城”に、城案内人の大谷亮介が果敢に攻め込みます。