歴史ミステリー 日本の城見聞録

歴史ミステリー 日本の城見聞録

  • トップページ
  • バックナンバー

お知らせ

  • 放送終了後 随時配信!

放送内容

2017年9月14日(木)放送

現存12天守スペシャル
鉄壁防御!「惣構」&「石垣の城」誕生の秘密

見事な姿を今に伝える、奇跡の現存12天守。しかし、そんな魅力たっぷりの12の城が息を飲むような見事な姿を今に残せた秘密こそが、「鉄壁防御の城」であるということ。
現存12天守の中で、最北の地にある弘前城。幾つもの仕掛けで、敵を寄せ付けない難攻不落の城だが、弘前城の防御のカギを握っていたのが惣構だ。ただ単に城の中枢である本丸を守るのではなく、城を囲む町全体を計画的に開発し、「鉄壁防御の砦」にしてしまう防御システム。
そして石垣。石垣の技術が進歩することで、城はより守り堅固な要塞へと進化することができた。もともとは、織田信長が城に取り入れたといわれる石垣。そんな時代のニーズに応えたのが、多くの石積み職人を輩出した近江の国。今も残る石積み職人たちの町を訪ねる。
一方、石積み技術では遅れていたといわれる関東の城。そんな関東の石垣の城の歴史を覆すのが金山城。美しく積まれた見事な石垣の城に攻め入り、その謎に迫る。
惣構とは何だったのか? そして石垣とは何だったのか? 城を守るために、武将たちが編み出した工夫と独創的なアイデア。驚くほどの進化を遂げた「城の鉄壁防御の秘密」を解き明かす!

次回放送予定

2017年9月21日(木)放送

織田信長の城革命スペシャル①
『君臨のシンボル“天主”出現! 安土城の秘密』

天下人、織田信長。革命児と呼ばれた武将は、それまでの常識を根底から覆すような「城」を次々に築いた。これぞ名付けて「信長の城革命」。その集大成と呼ばれる城が「安土城」だ。
極彩色の巨大な天主、高く積まれた石垣、升形の防御システム。信長が最初に取り入れた城の形は全て、その後の城で取り入れられた技術。まさに安土城こそ“近世城郭の原点”と呼ぶにふさわしい城なのだ。
信長はこの城で何をしようとしていたのか? 今回は、城案内人の大谷亮介が、安土城に秘められた謎を探ることで、信長の頭の中まで解析を進めていく。

今後の放送予定

放送日 タイトル
2017年9月28日(木) 国宝松本城
美の極致!2つの顔を持つ城

番組概要

建てられた場所、構造、形、色・・・
城には武将たちの狙いが秘められ生き抜いた証が刻まれています。

戦国乱世の武功はもちろん天下人たちが治める時代にも武将たちは処世術によってわが身と家名を守るため懸命に闘っていました。

全国の城を旅しながら人間ドラマと歴史ミステリーを識者たちの解説を交えて解き明かしていきます。

城案内人:篠井英介 大谷亮介