韓流アワー「笑ってトンヘ」

韓流アワー「笑ってトンヘ」

  • トップページ
  • ストーリー
  • キャスト
  • 相関図
  • 関連商品
  • 掲示板
  • 韓流マガジン

キャスト

チ・チャンウク(カール・レイカー/トンヘ役)

米国籍の韓国人。英語名はカール・レイカー。
本業はショートトラックの選手だが調理師免許も持っている。
持ち前の明るさと純粋さで逆境を乗り越えてきた。母を捨てた男が住む韓国が嫌い。

ト・ジウォン(アンナ・レイカー役)

トンヘの母親。
9歳の時、大型台風に見舞われ両親を失ったうえに、頭をけがして精神年齢が9歳で止まってしまう。養子縁組をして米国へ渡る。20歳のころ留学生と恋に落ちてトンヘを身ごもるが、シングルマザーとなる。恋人からもらったハーモニカが宝物。

オ・ジウン(イ・ボンイ役)

トンヘの恋人ユン・セワの友人。
料理長になることを夢見ながら、カメリアホテルで調理師として働いている。父の借金をアルバイトをしながら返済してきた孝行娘で、正義感が強くお人よし。次第にトンヘに惹かれていく。

パク・ジョンア(ユン・セワ役)

トンヘの恋人でスルニョの長女。放送局の新人アナウンサー。
野心家でプライドが高いため、トンヘを愛しているが条件のよくない彼に自分の人生をかけることができないでいる。そんな折、すべての条件を兼ね備えたドジンに求愛され心が揺れる。

イ・ジャンウ(キム・ドジン役)

カメリアホテルの副支配人。
地位やルックスをすべて兼ね備えた自信家。セワに一方的に好意を寄せている。

イム・チェム(イ・ガンジェ役)

温かくて優しいボンイの父。
経営していたキムチ工場がつぶれ、破産してしまう。再起して家族の前で堂々とできる父親になりたいと思っている。

イ・ボヒ(ケ・ソノク役)

ボンイの母。
夫の会社が倒産して優雅な社長夫人から友人スルニョの経営する美容室の雑用役に転落してしまう。苦労をかけてきたボンイにはいつも申し訳なく思っている。

パク・ヘミ(ピョン・スルニョ役)

セワの母。
高級ヘアサロンを経営する。若い頃に夫を亡くし、女手ひとつで2人の娘を育ててきた。ヘアサロンが成功し生活には何不自由していない。目標は娘を良家に嫁がせること。

カン・ソグ(キム・ジュン役)

ドジンの父。
放送局の局長に昇進した今もアナウンサー時代の人気は健在だ。まじめで実直な性格で、自分にも他人にも厳しい。

チョン・エリ(ホン・ヘスク役)

ドジンの母。
カメリアホテルの社長。周囲には仕事も家庭も順調に見せているが、実は夫のそっけない態度に寂しさを募らせている。

アレックス(イ・テフン役)

ボンイの兄。
一流大学の法学部出身で司法試験に挑戦中。家族の期待を一身に背負う。試験直前にセヨンとの仲が家族にばれ、洋々たる前途に暗雲が立ち込める。

ジュヨン(ユン・セヨン役)

セワの妹。
賢い姉のセワとは違い子供っぽく単純なわがまま娘。テフンの優しさに惹かれ交際している。