スポーツクロス

スポーツクロス

  • トップページ
  • バックナンバー
  • 出演者プロフィール
  • 番組への意気込み
  • ツイッター
  • Facebook

2014年10月19日(日)
悲願の1勝へ! 連敗記録更新中の東京大学硬式野球部

4年前の東京六大学野球秋季リーグ戦で、あの斎藤佑樹(現・日ハム)擁する早稲田大学から白星を挙げて以来、連敗街道まっしぐらの東京大学硬式野球部。
今年の春季リーグ終了時点で、なんと76連敗。リーグ連敗ワースト記録を更新中だ。

去年、スポーツクロスで東大野球部を取材してから1年余り。
秋季リーグ戦を目前に控えた東大野球部を再び訪ねた。
取材当時、4番打者を務めていた有井祐人(当時3年)は、現在も4番打者を務め、キャプテンとしてチームを引っ張っている。
しかし、今年の東大野球部は、春季リーグ戦で防御率は8点台、打率も1割台と低迷。
打てず、守れずのワンサイドゲームでの敗戦が続いていた。
何としても勝利を手繰り寄せようと、4年前から始めたのが元プロ野球選手による指導。
打撃コーチは、元中日の谷沢健一。バッテリーコーチに、元西武のキャッチャー今久留主成幸。
投手コーチに、元巨人のエース・桑田真澄を招へい。
元プロ野球選手を教科書代わりに、トップレベルの技と理論を学んでいる。
更に、今年の夏は北海道合宿を敢行。9日間に渡り、足腰を中心に体力強化を図った。
かつては野球部一の大食漢だった有井も、食生活の改善と走り込みで、徹底的に身体を絞り、力任せのバッティングで安定しなかった打率は、この夏、3割近くまで上がった。

この4年間、一度も勝つことができなかった東大野球部は、不断の努力と特訓で、着実に成長を遂げていた。
有井たち4年生にとっては、最後の大会となる秋季リーグ戦。
何としても1勝を!悲願の勝利を目指す、男たちの熱き姿を追った。