BS朝日

番組表

NOW ON AIR

    番組概要

    明治、大正、昭和初期・・・時をへてもその価値が生き続けている。
    “歴史的文化財”に指定された近代建築の美しさを余すことなくご紹介します。

    放送内容

    宮崎県庁舎本館 I II

    昭和3年(1928)宮崎県が鹿児島県から分離再置県されて50周年の記念事業として、新庁舎の建築計画がスタート。昭和6年(1931)着工、昭和7年(1932)に完成した。鉄筋コンクリート造3階建地下1階、塔屋及び煙突付き。ネオゴシックを基調とした垂直性の強い外観を見せる。日の字型平面の中央に旧議事堂を配し、正面3階中央に正庁、その脇に貴賓室を置く。設計は「置塩章」。九州では戦前から残る唯一の県庁舎。

    次回放送予定

    武庫川女子大学甲子園会館 I II

    武庫川女子大学甲子園会館の前身は、昭和5年(1930)竣工の甲子園ホテル。鉄筋コンクリート造4階建地下1階。起伏に富んだ空間構成やテラコッタタイルによる幾何学意匠など、F・L・ライトの建築手法を基調とし、和風意匠も加味した造り。「東の帝国ホテル、西の甲子園ホテル」と並び称され、高級社交場として賑わった。戦後の米軍将校宿舎を経て、昭和40年(1965)に武庫川学院が譲り受け、教育施設として再生した。