建物遺産~重要文化財を訪ねて~

建物遺産~重要文化財を訪ねて~

  • トップページ
  • バックナンバー

番組概要

明治、大正、昭和初期・・・時をへてもその価値が生き続けている。
“重要文化財”に指定された近代建築の美しさを余すことなくご紹介します。

次回の放送予定

【2016年12月9日(金)】
日土小学校 Ⅰ

日土小学校は、愛媛県西部、八幡浜市の山あいにある。八幡浜市職員で建築家の松村正恒(まさつね)が設計した。松村は、昭和35年(1960)文藝春秋誌で日本を代表する建築家10人の一人に選ばれた人物。中校舎を昭和31年(1956)、東校舎を昭和33(1958)に完成させた。共に木造2階建で合理的な構造をもち、工業製品と身近な材料を用いた意匠により豊かな空間をつくりあげている。モダニズム建築を木造で実現した極めて稀な建物である。

放送予定

放 送 日 タ イ ト ル
12月16日(金) 日土小学校 Ⅱ
12月23日(金) 臥龍山荘 Ⅰ
12月30日(金) 臥龍山荘 Ⅱ
1月6日(金) 臥龍山荘 Ⅲ
日本管財株式会社