建物遺産~重要文化財を訪ねて~

建物遺産~重要文化財を訪ねて~

  • トップページ
  • バックナンバー

番組概要

明治、大正、昭和初期・・・時をへてもその価値が生き続けている。
“歴史的文化財”に指定された近代建築の美しさを余すことなくご紹介します。

次回の放送予定

【2017年2月24日(金)】
県政記念館 Ⅰ

大正14年(1925)、曾禰中條建築事務所が設計したロの字型平面をもつ鹿児島県庁舎本館は竣工した。新庁舎への移転を機に、平成12年(2000)、その正面玄関部分と中央階段部分を「鹿児島県政資料館」として現在地に移築・改修した。大正期におけるネオ・ルネサンス様式による庁舎建築で、中央は3階建、1階玄関車寄のトスカナ式の双柱、2階に4本のイオニア式の柱、3階の屋根中央にバロック風の飾りを置き、威厳ある正面をつくりあげている。玄関を入ると重厚な階段が正面にある重厚な階段が配されている。

放送予定

放 送 日 タ イ ト ル
3月3日(金) 県政記念館 Ⅱ
日本管財株式会社