辰巳琢郎の家物語 リモデル★きらり
  • トップページ
  • バックナンバー
  • contents3
  • contents4

バックナンバー

開閉できる吹き抜けが家族を癒す国立の家

今回は、一橋大学を抱える文教地区として整備された、落ち着いた街並みが人気の東京都国立市を訪ねました。
築19年のH邸は、坂の中腹に建つ木造2階建てのお宅です。3人のお子さんがいらっしゃるHさんご夫妻は、ご自身が学生時代から慣れ親しんだこの地で子育 てをしたいと、国立に中古住宅を購入しました。以前お住まいだったお宅は、道路拡張のため立ち退かなければならず、その際に出た大量の建築廃材をみて、ひ どく心が痛んだと語るHさん。今あるものをうまく活かし、長く住み継げるような家にしようと、リモデルすることにしたのです。
環境に優しい家作りをしたかったという奥様のご希望で、H邸には無垢の木や砂漆喰などの自然素材がふんだんに使われています。また、照明の多くは、以前の家で使っていたものを再利用しました。物を大切にし、長く使うことで、費用だけでなくゴミも減らしています。
家族が集まるダイニングの天井は吹き抜けになっていて、2階の子供部屋の気配を感じることができますが、ご主人は冷暖房の効率が悪くなってしまうことを心 配されていました。そこで、建築家の太田さんの提案で、ロールスクリーンを横向きに取り付け、吹き抜けを開閉できるようにしました。これにより、1階と2 階の空間的つながりを維持しながらも冷暖房効率をあげることでき、エコと快適さの両立を実現しました。ダイニングの隣には、工作好きの子供たちのアトリエ を設けました。兄弟3人が並んで作業のできるこのスペースの一角には、子供たち自らの要望で作品を飾る棚も造り付けました。思う存分創作活動ができるこの スペースは、3人のお気に入りとなっています。
建材選びと住まう人間のアイデアで、環境にも人間にも優しいリモデルを実現したHさん。自然素材と子供たちの作品に囲まれたご自宅で、家族みな心安らぐ毎日を送られているようです。

太田ケア住宅設計
http://homepage2.nifty.com/ota_care_design_arch/index.html

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継
日替わりオススメ