辰巳琢郎の家物語 リモデル★きらり
  • トップページ
  • バックナンバー
  • contents3
  • contents4

バックナンバー

狭いながらも楽しいアイデアいっぱい、靴職人の家

今回は、学生でにぎわう明治大学の近く、神田川が流れ、閑静な住宅街が広がる杉並区和泉にあるお宅を訪ねます。
木造2階建てのS邸には、靴職人のご主人と奥様、2人のお子さんとご主人のお母様の5人が暮らしています。靴作りの本場イタリアでもその腕が認められてい るSさんは以前、都内で奥様とお子さんたちと暮らしていましたが、ご実家で一人暮らしをするお母様が気にかかっていました。住み慣れた街を離れたくないと いうお母様のことを考え、ご主人のご実家近くのこの場所に中古住宅を購入し、同居することに。建坪は約10坪、S字型の変形地に建つこの家で、家族5人が 快適に暮らせるよう考え抜かれたアイデアの数々をご紹介します。
色とりどりの花が咲き並ぶ、奥様こだわりのアプローチが玄関まで案内してくれるS邸。玄関ドアの上部にはめ込まれたガラス窓からは、かわいらしい靴がのぞ いています。ガラス窓の縁に並べられたこれらの靴は、お子さんが小さい頃に履いていたものです。もちろんすべて靴職人であるご主人のお手製です。玄関ホー ルを兼ねるリビングにも、たくさんの靴が飾られています。将来は靴教室が開けるように設計されたリビングには、靴のディスプレイにも、ベンチにもなる造作 家具が設置されています。玄関ホールからリビング、ダイニングキッチンまでがワンルームになっているS邸は、壁全面に造られた造作家具が空間のつながりを 演出しています。靴や小物はもちろん、エレクトーンやトイレまでを壁面収納の中に隠しすっきり見せることで、広さを感じさせるだけでなく、これらの収納が 耐震補強にもなっているのです。
将来はアプローチに小屋を造り、そこを工房にしたいとおっしゃるご主人。理想的なリモデルが実現し、夢はどんどん広がります。お子さんもお母様も、新しい 我が家はとても居心地がいい様子です。思い出のたっぷり詰まった靴が何より素敵なインテリアとして、家と家族をつないでいました。

アーキテクチャー・ラボ
http://www.architecture-lab.com/

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継
日替わりオススメ