辰巳琢郎の家物語 リモデル★きらり
  • トップページ
  • バックナンバー
  • contents3
  • contents4

バックナンバー

そこかしこに居場所のある凸凹のヘンな家

東京都練馬区石神井台は、武蔵野の豊かな自然が残る石神井公園や、のどかな畑が広がる緑あふれる街です。今回は、この街にご夫婦で暮らすMさんのお宅を訪ねます。
築25年、木造3階建てのお宅にお住まいのMさんご夫妻は、お二人で建築事務所を開いています。共に関西のご出身ですが、7年前、ご主人が東京の大学で教鞭をとることとなり、この街に越してきました。当初は賃貸マンションで暮らしていましたが、「そろそろ持ち家を」と考えたMさん。関西に比べて土地の値段が高い東京では、新築を建てるより中古住宅を改修した方がコストもかからず、また、ご自身のアイデア次第で面白いことができると考えていました。物件探しのポイントは、ズバリ「へんな物件」。そこで出会ったのが、マンションのすぐ近くに建つこの家でした。以前の所有者も建築家だったというこの家は、増改築が繰り返され、とても奇抜なつくりをしていました。そんな家を見て、建築家としての創作意欲が掻き立てられたというMさん。リモデルで、ご夫婦共通の趣味である本や音楽、アートが楽しめる家を目指しました。
中2階に玄関があるM邸。そこからは、吹き抜けから明るい光が差し込む2階が見渡せます。すでに改修が施されていた2階と3階は、使えるものはそのまま残し、キッチンなど一部分をリモデルするのみに留めました。ご主人が大学の講義で作成した椅子や家具が、既存の間取りにアクセントを加えています。
細かく仕切られ、昼間でも暗く湿気がこもりやすかった1階は大胆に間取りを変更することに。可能な限り壁を取り払い、ワンルームのようにしました。柱と柱の間には棚板を取り付け、見せる収納にすることで、風がよく通り、視線も抜ける快適な空間へと生まれ変わりました。また、階段の蹴込み板を外したり、室内から庭まで伸びるテーブルを設置したりするなどし、各階や外とのつながりも大切にしています。
斬新なアイデアがたくさん詰まったM邸は、学生たちにとってこれ以上ない教材です。ここを訪ねる学生たちに先生の想いがしっかりと受け継がれ、さらに面白いものを私たちに届けてくれるのではないでしょうか。

水谷俊博建築設計事務所
http://mizutaniarchi.web.fc2.com/index.html

BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継による休止延長についてのおしらせ
BS朝日 第99回全国高校野球選手権大会中継