辰巳琢郎の家物語 リモデル★きらり
  • トップページ
  • バックナンバー
  • contents3
  • contents4

バックナンバー

お嬢ちゃんが番組出演をおねだり田園調布の別荘風の家

今回辰巳琢郎が訪れたのは、田園調布に建つ築39年のお宅。
田園調布は、扇状の街並みが特徴の町で東京でも有数の高級住宅地として知られています。
施主のFさんは長い海外生活の経験の中で、古い建物に価値を見出す欧米人の考え方に共感。古くなった家を壊して新しく建て替えることに疑問を感じ、また趣のある古い建物が並ぶ街並みが消えてゆくことにも寂しさを感じていました。そんな折り、田園調布に建つ築39年のこの家と出会い、この家が元来持っているどこか別荘風な雰囲気と、東京にありながらリゾート地のような田園調布の土地が気に入って、リモデル前提で購入したのです。
Fさんは、奥様と3人のお子さんの5人家族。別荘風な雰囲気は残し、家族5人が楽しく快適な暮らしができるようリモデルしました。
一番の問題は、家全体が暗くて湿っていたことでした。そこで、1Fの間仕切りを全て撤去して、オープンな空間に。また天井を取り払い、屋根の勾配に合わせて大きく吹き抜けを作りました。これで1Fと2Fの各部屋に風が通り抜けるようになり、暗かった1Fにも光が差し込むようになりました。
更に建築家からのサプライズとして、元々庭にあった「椿」や「もみじ」を室内から眺められるようにそれぞれの窓の位置が変えられていたのです。
日々、庭の緑を見ながら過ごしているせいか、こどもたちが描く絵の色使いが以前と比べるとより豊かになったそうです。
元々家にあった味わいのある年代物のシャンデリアや棚などは、そのまま残し、新たに生まれ変わった家は、Fさん夫妻の希望を叶えたリモデルになりました。

設計担当:カガミ建築計画+イン・ハウス建築計画
http://www.kagami-archi.com/
http://www.inh-arch.com/

※再生ボタンをクリックして動画を再生してください。
※動画の再生には最新の「Flash Player Plugin」が必要です。
 
 
 
 

【平面図】

■1階

Before

After

Before After

■2階

Before

After

Before After