鉄道・絶景の旅
  • トップページ
  • 放送履歴
  • 音楽配信
  • 姉妹番組「鉄道・旅物語」
  • 写真コンテスト

放送履歴「沿線情報」

青森から北海道へ~津軽海峡縦断の旅

厳冬の北国の魅力をたっぷりとご紹介!

降りしきる雪の中、青森から竜飛崎まで津軽半島を海沿いに北上し、青函トンネルで北海道へ・・・
そしてニシンと江差追分の町・江差までの旅。
美しい雪景色、冬の荒波の絶景や海の幸、そして温泉を満喫します!

初回放送:2012年3月1日(木)

メモリアルシップ・八甲田丸

昭和63年の青函トンネル開通まで現役で活躍した青函連絡船「八甲田丸」、青森駅近くの当時と同じ岸壁に繋留されている、車両甲板には特急や郵便車などが展示されています。乗船見学料500円

蟹田駅前市場ウェル蟹

ようこそ蟹田へという意味で名付けられた蟹田駅前の産直販売所、特に水揚げされたばかりの新鮮な魚介類が自慢、飲食コーナーもあり。

道の駅いまべつ半島ぷらざアスクル

津軽線・津軽二股駅に隣接する道の駅、この辺りでとれる「もずく」を粉にして麺にねり込んだ「もずくうどん」がお勧め、500円

竜飛崎灯台

津軽海峡冬景色でおなじみ竜飛岬にある竜飛崎灯台、晴れていれば海峡の先に北海道が見えます、但し強風に注意、近くには車の走れない階段国道339号もあります。

民宿・津軽海峡亭

竜飛崎の北端に堤防で繋がっている帯島、その小さな島の唯一の食堂兼民宿、津軽海峡の海の幸をふんだんに使った夕食が自慢、1泊2食付き6,500円。

上ノ国町国民温泉保養センター

江差線・湯ノ岱駅から徒歩10分、天野川沿いにある湯ノ岱温泉、少し赤茶けた色の炭酸泉、肌にやさしいで気泡が特徴、日帰り温泉ですが食堂もあり一日のんびり入浴が楽しめます、しかも入浴料350円

れすとらん江差家

かつてニシン漁で栄えその名を全国に知られた江差、その名残を感じさせる甘辛く煮た身欠きニシンを乗せたにしんそば950円が自慢、他にもご飯に乗せたニシンと数の子が目にも美味しい鰊親子せいろ1,000円もおすすめ。

江差追分会館

ニシンと並んで全国に知られているのが民謡・江差追分、この会館にはその歴史や貴重な音資料など江差追分に関する資料が豊富に展示されている、また江差追分の名人による実演や指導も受けられます、入館料500円。

撮影ポイント(1)

津軽線・瀬辺地駅~蟹田駅間の陸奥湾沿いを走る701系電車を線路脇の道路より狙いました。

撮影ポイント(2)

特急・スーパー白鳥の青函トンネル入りを望遠レンズで捉えました。

撮影ポイント(3)

江差線の終点・江差駅の手前で日本海をバックに海岸線沿いをやってくる江差線を道路の小さな橋から撮影。

北海道 釧網本線 石北本線 石勝線・夕張支線 宗谷本線 函館本線(前編) 函館本線(後編) 花咲線 日高本線 富良野線 室蘭野線 留萌本線 東北 会津鉄道・野岩鉄道 秋田内陸縦貫鉄道 越後線・弥彦線 大湊線 五能線1 五能線2 三陸鉄道 東北本線・いわて銀河鉄道線・花輪線・奥羽本線 津軽線・海峡線・江差線 津軽鉄道・弘南鉄道 磐越西線 磐越西線 陸羽東線 陸羽西線 関東 吾妻線 小湊鐵道・いすみ鉄道 駿豆線・上毛線・銚子電鉄 上越線 水郡線 東海道本線 東武鉄道 秩父鉄道 箱根登山鉄道 身延線・富士急行線 わたらせ渓谷鐵道 わたらせ渓谷鐵道・上信電鉄 中部 飯田線 飯山線 伊豆急行 大井川鐵道(1) 大井川鐵道(2) 大糸線(1) 大糸線(2) 小海線 小浜線 黒部峡谷鉄道・富山地方鉄道 御殿場線 高山本線 東海道本線 富山地方鉄道立山線 しなの鉄道 中央本線<西> 中央本線<東> 天竜浜名湖鉄道 長野電鉄 長良川鉄道 氷見線・城端線 北陸本線 北陸本線、七尾線、のと鉄道 近畿 紀勢本線 北近畿タンゴ鉄道 近畿日本鉄道・近江鉄道 嵯峨野観光鉄道・叡山電鉄 東海道本線 東海道本線、北陸本線、湖西線 奈良線、桜井線 中国 一畑電車 木次線 呉線 山陰本線(前編) 山陰本線(後編) 山陽本線(前編) 山陽本線(後編) 津山線・因美線 伯備線・境線 山口線 四国 阿波室戸シーサイドライン 瀬戸大橋線・ことでん 土佐くろしお鉄道 土讃線・予土線 予讃線 九州・沖縄 指宿枕崎線 大村・長崎本線 鹿児島本線 筑肥線 久大本線 日南線 日豊本線1 日豊本線2 肥薩おれんじ鉄道 肥薩線(前編) 肥薩線(後編) 豊肥本線・南阿蘇鉄道 松浦鉄道 沖縄ゆいレール