鉄道・絶景の旅
  • トップページ
  • 放送履歴
  • 音楽配信
  • 姉妹番組「鉄道・旅物語」
  • 写真コンテスト

放送履歴「沿線情報」

郷愁誘う出雲街道を行く 新緑の姫新線の旅

兵庫県姫路市から岡山県新見市まで、ひなびた里山をつなぐ姫新線。
出雲街道に沿って走るとあって、沿線には宿場町や城下町の風情が。
素朴な郷土料理や緑に囲まれた出湯も堪能します。

初回放送:2014年5月22日(木)

龍野城

播磨の小京都とも称される、龍野の城下町のシンボル。桜、新緑、紅葉と季節ごとに映える隅櫓と白壁が美しい城跡。

うすくち龍野醤油資料館

うすくち醤油の発祥の地、龍野。旧ヒガシマル醤油本社に醤油に関する資料が集められている。入館料10円。

御菓子司 晴風

創業天保8年の老舗菓子店。龍野のうすくち醤油を使った「うすくち醤油饅頭」(1個120円)は、生地に練り込んだ醤油の風味と、こしあんの取り合わせが絶妙な名菓。

揖保乃糸資料館 そうめんの里

手延べそうめん「揖保乃糸」の関する資料館、そうめんの手延べ実演など。郷土の味、鯛のかぶと煮とソーメンをあわせた「鯛ざる」1,280円がおすすめ。

あの日のおもちゃ箱 昭和館

ブリキのおもちゃや、なつかしい日用品など「昭和」がテーマの博物館。戦後の少年少女雑誌、プラモデルの箱絵などで知られる画家、小松崎茂氏の原画なども。

清次郎の湯 ゆのごう館

湯郷温泉、昭和12年創業の温泉宿。「プロが選ぶ日本の宿・ホテル100選」の料理部門で7年連続入賞。「春の旬会席」プランは1泊2食付11,500円(1室2名利用時)

和蘭堂(おらんだどう)

津山の城東町並み保存地区に位置する、観光案内所も兼ねたカフェ。江戸時代にたしなまれていた、オリジナルブレンドコーヒーとオランダワッフルのセット(500円)がおすすめ。

津山洋学資料館

江戸時代中期から幕末にかけ宇田川家三代、箕作阮甫ら多くの洋学者を排出した津山藩。その洋学者たちの業績を紹介する施設。入館料300円、月曜休館。

ひのき草木染織工房

地元勝山出身の染織家、加納容子さんの工房兼ギャラリー。加納さんが店に掲げたひのき染めによるのれんが、勝山を「のれんの町」にした。

名湯 砂湯

湯原温泉の湯原ダムの真下に位置する、公共露天浴場。露天風呂番付、西の横綱。旭川の河原から源泉が自噴する絶景の温泉露天は無料、24時間入浴加。

城山公園

新見市街を見下ろす高台の公園、新居見駅から徒歩15分ほど。

撮影ポイント1

津山ー院庄間 津山駅出線直後の列車、神南備山展望台からの大俯瞰。

撮影ポイント2

坪井ー美作追分間 跨線橋(国道181号線)から、カーブをやってくる列車を正面から。

北海道 釧網本線 石北本線 石勝線・夕張支線 宗谷本線 函館本線(前編) 函館本線(後編) 花咲線 日高本線 富良野線 室蘭野線 留萌本線 東北 会津鉄道・野岩鉄道 秋田内陸縦貫鉄道 越後線・弥彦線 大湊線 五能線1 五能線2 三陸鉄道 東北本線・いわて銀河鉄道線・花輪線・奥羽本線 津軽線・海峡線・江差線 津軽鉄道・弘南鉄道 磐越西線 磐越西線 陸羽東線 陸羽西線 関東 吾妻線 小湊鐵道・いすみ鉄道 駿豆線・上毛線・銚子電鉄 上越線 水郡線 東海道本線 東武鉄道 秩父鉄道 箱根登山鉄道 身延線・富士急行線 わたらせ渓谷鐵道 わたらせ渓谷鐵道・上信電鉄 中部 飯田線 飯山線 伊豆急行 大井川鐵道(1) 大井川鐵道(2) 大糸線(1) 大糸線(2) 小海線 小浜線 黒部峡谷鉄道・富山地方鉄道 御殿場線 高山本線 東海道本線 富山地方鉄道立山線 しなの鉄道 中央本線<西> 中央本線<東> 天竜浜名湖鉄道 長野電鉄 長良川鉄道 氷見線・城端線 北陸本線 北陸本線、七尾線、のと鉄道 近畿 紀勢本線 北近畿タンゴ鉄道 近畿日本鉄道・近江鉄道 嵯峨野観光鉄道・叡山電鉄 東海道本線 東海道本線、北陸本線、湖西線 奈良線、桜井線 中国 一畑電車 木次線 呉線 山陰本線(前編) 山陰本線(後編) 山陽本線(前編) 山陽本線(後編) 津山線・因美線 伯備線・境線 山口線 四国 阿波室戸シーサイドライン 瀬戸大橋線・ことでん 土佐くろしお鉄道 土讃線・予土線 予讃線 九州・沖縄 指宿枕崎線 大村・長崎本線 鹿児島本線 筑肥線 久大本線 日南線 日豊本線1 日豊本線2 肥薩おれんじ鉄道 肥薩線(前編) 肥薩線(後編) 豊肥本線・南阿蘇鉄道 松浦鉄道 沖縄ゆいレール