BS朝日

番組表
NOW ON AIR

    バックナンバー

    #173

    新緑・清流・山里の絶景を求めて ぐるり秋田 ローカル線乗り継ぎの旅

    小さな列車をいくつも乗り継ぎ、ぐるり秋田を一周!爽やかな、みちのくの初夏を満喫します。沿線には小京都・角館をはじめ「日本人の心のふるさと」ともいうべき魅力あふれる町がいっぱい!受け継がれてきた味や文化に親しみ秋田ならではの旅を楽しみます。

    初回放送日:2017年7月11日(火)

    みどころ

    千秋公園 御隅櫓
    秋田駅から近い千秋公園は、市民の憩いの場であり久保田(秋田)藩主・佐竹氏が築いた久保田城跡、復元された御隅櫓からは秋田市内が一望できます

    つじや とうふかまぼこ
    江戸時代から続く郷土菓子「とうふかまぼこ」を作り続けている老舗、五代目のご主人は大曲の花火男としても活躍。 とうふかまぼこ940円~

    桜の里 親子丼
    みちのくの小京都といわれる角館、黒塀が続く武家屋敷通りにあるお食事処「桜の里」で究極の親子丼を頂きました。 究極の比内地鶏親子丼 1,620円

    打当温泉 マタギの湯

    大自然に囲まれたマタギ文化が伝わる山里の宿、囲炉裏でマタギのごちそうと自家製のどぶろくに舌鼓。じゃんご料理プラン1泊2食付 14,800円~

    森吉山
    高山植物が咲き誇る花の百名山・森吉山、阿仁合駅から乗り合いタクシーと阿仁ゴンドラを使って山歩き。秋田内陸縦貫鉄道「森吉山観光パス」4800円

    こぐま亭 馬肉シチュー
    阿仁合駅構内にあるレストラン「こぐま亭」4日かけて仕上げた馬肉シチューが人気ナンバーワン。馬肉シチュー 黄金ライス添え 1,000円

    クウィンス森吉 阿仁前田駅温泉
    阿仁前田駅の駅舎内にある日帰り温泉施設、ナトリウム・カルシウム-塩化物泉の大浴場と露天風呂で旅の汗を流しました。入浴料 400円

    大太鼓の館
    北秋田市綴子地区の祭礼で使われている太鼓の展示館、牛の一枚皮を使った世界一の和太鼓としてギネス認定。入館料420円 祭は毎年7月14・15日

    米代川と七座山の絶景
    米代川の川岸に立ちはだかる断崖絶壁の桜・紅葉の名所、近くの山間からは米代川のカーブと対岸の七座山の絶景が広がります

    三國統也商店 じゃっぷぅ
    昭和の初め頃から二ツ井で親しまれてきた氷菓、どこか懐かしいイチゴ味のシャーベットです。じゃっぷぅ150円

    ホテル サンルーラル大潟
    かつて八郎潟だった日本一の干拓地・大潟村、その広大な田園風景の眺望がお風呂や部屋から楽しめるホテル。秋田錦牛プラン1泊2食付 14,190円~

    経緯度交会点標示塔 
    北緯40度、東経140度のラインが交わる点に立てられた経緯度交会点標示塔、10度単位で交差しているのは日本でここだけ

    スカイパーク 寒風山回転展望台
    男鹿半島の付け根に位置する寒風山の山頂にある回転展望台、座ったまま360度、白神山地から鳥海山まで雄大な眺望が楽しめます。入場料 540円

    男鹿真山伝承館 なまはげ
    大晦日の晩に男鹿半島のほぼ全域で行われている「なまはげ」特に古い伝統としきたりを厳粛に受け継いでいる真山地区にある伝承館では、その由緒正しい「なまはげ」を目の前で体験学習できます。受講料 756円

    ゴジラ岩
    海に向かって吼えているゴジラのようだと話題を呼んでいる男鹿の潮瀬崎にある奇岩、夕陽に照らされた姿は圧巻です。

    撮影ポイント(1)奥羽本線 神宮寺駅~大曲駅
    秋田を出発して大曲に向かう奥羽本線を跨線橋から。

    撮影ポイント(2)田沢湖線 鶯野駅~角館駅
    小京都・角館の直前、玉川を渡る田沢湖線。

    撮影ポイント(3)秋田内陸縦貫鉄道 笑内駅~萱草駅 大又川橋梁
    鉄道ファンに人気の阿仁川に架かる大又川橋梁を見上げました。

    撮影ポイント(4)男鹿線 天王駅~船越駅
    八郎潟と日本海を繋ぐ防潮水門をバックに走る男鹿線を橋の袂から撮影。