ベストヒット USA

  • トップページ
  • バックナンバー
  • 放送曲名リスト
  • リクエスト
  • ツイッター
  • Facebook

バックナンバー

【2011年11月22日】
モトリー・クルー

当番組と同じ年、結成30年を迎えたLAメタルの雄、モトリー・クルー!
これまで男の世界だったへヴィーメタルを女性にまでその人気を広げた彼ら。
メンバーを代表してドラムのトミー・リーが30年という長い音楽キャリアを振り返ってくれた。
80年代に活躍したロックバンドが一気に衰退させてしまった、90年代のグランジムーブメント。
そんなムーブメントに関してトミー・リーは意外な見解を示した。「グランジは歓迎したよ。新しいものは好きだからね。」常に新しいものに挑戦することがクリエイターだと語るトミー・リーのアーティスト性が垣間見れるインタビュー。
乞うご期待!

インタビュー

Q:『GIRLS GIRLS GIRLS』や『DR. FEELGODD』など大ヒット作の想い出で印象的なものはありますか?

「『DR.FEELGOOD』と『GIRLS GIRLS GIRLS』の2作品の制作の仕方はかけ離れているんだ。
一方は完全に制御不能な状態でね。ほぼなんの制約もなく作ったんだ。
もう一方はきっちり作った。だからこの2作の制作に関しての逸話はまったく異なるものなんだ。
両方いい作品だけどね。でも、レコーディングに関しては全く違う精神状態だったんだ。両方のアルバムともいい話しはあるよ。
『GIRLS GIRLS GIRLS』の時は俺たちはすごく楽しみながら制作していたし、ずっとパーティしながら作ったような感じさ。ものすごく楽しかったよ。
『DR. FEELGOOD』を作っているときもものすごく楽しかったんだ。あれは実はバンクーバーに場所を移してね、みんなでバイクを買ってさ、それで行ったんだ。大体6ヶ月くらい家から離れて、人や家のこととか、その他諸々の面倒なものから離れたんだ。ただレコーディングに集中するためにね。朝起きたらただスタジオへ行くという生活だったんだ。そうやってすごく集中したのも楽しかったし、『GIRLS GIRLS GIRLS』の時みたいにクレイジーに楽しみながら作ったのも楽しかった。全く違うんだ。」