BS朝日

バックナンバー

#266

日本画家が描いた理想郷
~京都・東山「白沙村荘 橋本関雪記念館」~

今回は京都・東山の「白沙村荘」を訪ねます。白沙村荘は、日本画家・橋本関雪が、大正~昭和初期に造営した壮大な邸宅です。京都画壇において新南画と呼ばれる独自の画法を築き上げた関雪は、京都東山の広大な敷地に池泉回遊式の庭園と、主屋、画室、茶室、持仏堂などを次々に建てました。その全ては関雪の設計によるもので、計算し尽くした造形の中に文人の理想郷を生み出したのです。国の名勝に指定されている庭園を散策すると、その位置によって違った表情を見ることが出来ます。池のほとりに対面するように建てられた東屋と茶室にも、関雪の絶妙な美意識が見事に反映されています。まさに白沙村荘は、橋本関雪が半生をかけて描き出した壮大な芸術作品です。

案内人:矢ヶ崎善太郎(大阪電気通信大学工学部教授)

360°画像

#266_如舫亭 – Spherical Image – RICOH THETA


如舫亭

#266_倚翠亭 – Spherical Image – RICOH THETA


倚翠亭

取材先情報

・白沙村荘 橋本関雪記念館
京都市左京区浄土寺石橋町37 TEL :075-751-0448
開館時間:午前10時から午後5時まで(最終入館受付 午後4時)
※季節などにより開館、閉館時間が変更される場合もございます.
※自然災害時など閉館時間が早まる場合があります
休館日:なし
料金(庭園+美術館):一般 1300円
学生 500円
(大学生以上から、学生証をお持ちの方すべて)
※高校生以下 無料
※入館料には美術館と庭園見学の両方が含まれております。
※特別展開催時は別料金設定となります。
※同伴者付きの場合のみ未就学児見学可能。
交通:【鉄道】
・JRを御利用の場合(京都駅から)
市営地下鉄にて烏丸今出川駅→
市バスまたはタクシーで銀閣寺道へ
・阪急電車を御利用の場合(阪急河原町駅から)
京阪電車にて京阪四条駅から出町柳駅まで→
市バスまたはタクシーで銀閣寺道へ
・京阪電車を御利用の場合(京阪出町柳駅から)
市バスまたはタクシーで銀閣寺道へ
【バス】
・JR京都駅から市バス100で銀閣寺前、
5または17系統で銀閣寺道へ
・阪急河原町駅から市バス32で銀閣寺前、 5系統で銀閣寺道へ
・京阪出町柳駅から市バス17系統で銀閣寺道へ
【車】
・京都東インターから、蹴上経由にて白川今出川交差点を右折。
駐車場:契約駐車場はございません。
最寄りのコインパーキングをご利用下さい。
非公開文化財公開:瑞米山(主家)、倚翠亭・憩寂庵(茶室)、
地蔵尊立像(重要文化財)などの特別公開をご希望の場合には、
白沙村荘事務局まで別途お問い合わせ下さい。