BS朝日

放送内容

#68

#68 南部鉄器職人 小川勇唯人(おがわ・ゆいと)20歳

幼い頃から祖父が作った南部鉄器を自宅で見て育ち、3年前に同じ岩手県盛岡市の「岩鋳」で働き始めた小川さん。現在は、鋳型の修理や、鉄を流し込む工程の補助をしています。
現在の親方八重樫亮さんは、3代目「清茂」の号を継ぐ伝統工芸士。小川さんの祖父から譲り受けた仕事道具の一つを、小川さんに預けてくれました。
 
とにかく経験を積むしかない——一人前の職人を目指し長い道のりを歩む、彼の挑戦を追います。