BS朝日

ストーリー

#14

第14話

ジュヌとジュヌの父親ミョンジュンとの会話を偶然聞いてしまったスビン。ジュヌの元に慌てて駆けつけるが、ジュヌは話もできないほどに落ち込んでいた。父親が弟に自分と同じ名前を付けていたことを知り大きく失望したジュヌは、父親のことは思い出にすることを決意。スビンとジュヌは相変わらず母親の監視下にあるため、スビンは手紙でジュヌを励ます。
一方、フィヨンは両親による成績の改ざんが明らかになり、処罰を受けることとなる。