BS朝日

バックナンバー

#159

ラクロス・小堀宗翔

出演アスリート  ラクロス・小堀宗翔
ジュニアアスリート  及川侑和さん(小学5年生)

159回目の出演アスリートは、ラクロスの小堀宗翔(こぼり そうしょう)選手。クラブチーム日本一に輝き、日本代表としてワールドカップにも出場しました。ジュニアアスリートは小学5年生の及川侑和(おいかわ ゆな)さん。2年生のときにラクロスを始め、2018年に行われた小学生の大会では優勝しました。相手を抜いてからシュートを決められるようにしたいと話す侑和さんに小堀選手がアドバイスします。
そして、ジュニアアスリートのトレーニングを支える「食」について、早稲田大学スポーツ科学学術院の田口素子教授が分かり易く解説します。
159回目の今回は、“練習後には、糖質を十分に摂ろう!”というお話です。
メニューは、スイートポテト、牛乳です。ラクロスのようなスポーツはスタミナと瞬間的なスピードが求められます。相手とのコンタクトもあり、体に蓄えられた糖質を激しく消耗するので、練習・試合後は回復のため糖質を補給する必要があります。スイートポテトは砂糖やバターなどを使わず、ヘルシーな補食で、練習や試合時にも持ち運びやすいのでオススメです。
将来の夢は「ラクロスが五輪種目になったら日本代表として五輪に出たい」と話す侑和さんに小堀選手がエールを送ります。