BS朝日

バックナンバー

#210

バスケット・篠山竜青 特別編

出演アスリート   バスケット・篠山竜青
ジュニアアスリート   西村航大くん(中学1年生)

210回目の出演アスリートは、バスケットボールの篠山竜青(しのやま りゅうせい)選手、31歳。21年ぶりのワールドカップ出場を決めたバスケットボール日本代表のキャプテンが技術のバトンをつなぎます。ジュニアアスリートは以前番組で篠山選手からジャンプシュートを教わった中学1年生の西村航大(にしむら こうた)くん。今回は篠山選手が、バスケットボールが上手になる1人でできるトレーニングとして股関節の柔軟性を高め、体幹のバランスを養えるトレーニングを伝授します。
 
そして、ジュニアアスリートのトレーニングを支える「食」について、早稲田大学スポーツ科学学術院の田口素子教授が分かり易く解説します。
210回目の今回は、“意識的な乳製品の摂取で不足しがちなカルシウムをとろう!”というお話です。
今週のメニューは具沢山サーモンクリームシチュー、白米、イチゴ、サラダです。
体を大きくするためにも、不足しがちなミネラルやビタミンは意識的に摂取する必要があります。成長期の子供たちは学校給食の牛乳でカルシウム摂取が確保されている傾向がありますが、給食の機会が減るときには、意識的に牛乳を飲んだり料理に使うなどの工夫が必要です。肉、魚、野菜と牛乳がたっぷり入ったホワイトシチューには、ビタミンDが豊富なサケやキノコを入れるとカルシウムの吸収を助ける働きをします。