BS朝日

バックナンバー

#259

ラクロス・山田幸代②

出演アスリート  ラクロス・山田幸代
ジュニアアスリート  本田莉子さん(小学6年生)

259回目の出演アスリートもラクロスの山田幸代(やまだ さちよ)選手、38歳。ワールドカップに日本とオーストラリアの代表として出場した“ラクロス界のパイオニア”。世界大会では日本人初となる銅メダルを獲得しました。ジュニアアスリートは小学6年生の本田莉子(ほんだ りこ)さん。2019年の関東ジュニア大会で優勝しました。ディフェンスに囲まれた状態でシュートを打つにはどうすればいいか教えてほしいと話す莉子さんに山田選手がアドバイスします。
そして、ジュニアアスリートのトレーニングを支える「食」について、早稲田大学スポーツ科学学術院の田口素子教授が分かり易く解説します。
259回目の今回は、“成長期のからだづくりには朝食の摂り方が重要!”というお話です。
今週のメニューはミネストローネスープ、ロールパン、フルーツ、牛乳です。
パンの場合はおかずがない朝食になることも少なくありません。意識的におかずをつけて、多くの食品をとりましょう。ただ、朝は忙しくておかずを何品も揃えるのは大変なため、具沢山おかずスープなどを前の晩に作り置きしておけば、朝に温めるだけで多くの食品をとることができます。
将来の夢は「日本代表選手に選ばれること」と話す莉子さんに山田選手がエールを送ります。