BS朝日

バックナンバー

#262

バドミントン・渡邉航貴②

出演アスリート  バドミントン・渡邉航貴
ジュニアアスリート  武森陽向くん(小学6年生)

262回目の出演アスリートもバドミントンの渡邉航貴(わたなべ こうき)選手、22歳。高校2年のときに全日本ジュニア選手権で優勝、2020年に日本代表に選出され桃田賢斗選手らと数多くの国際大会で活躍しています。ジュニアアスリートは小学6年生の武森陽向(たけもり ひなた)くん。2020年の小学生の全国大会 ダブルス5年生以下でベスト8に入りました。バックハンドのレシーブの打ち方を教えてほしいという陽向くんに渡邉選手がアドバイスします。
そして、ジュニアアスリートのトレーニングを支える「食」について、早稲田大学スポーツ科学学術院の田口素子教授が分かり易く解説します。
262回目の今回は、“ごはんとおかずが一緒になった丼ものを上手に活用しよう!”というお話です。
今週のメニューはロコモコ丼、ごろごろ野菜のコンソメスープ、お茶です。
練習前の食事では、一般的に消化に時間がかかる揚げ物や脂質が多いものは控えますが、個人差もあるので、自分が食べても問題ない程度にしておくとよいでしょう。今回のハンバーグと一緒に野菜もとることができるロコモコ丼はハンバーグのソースで野菜とごはんがおいしく食べられ、練習前の十分な糖質摂取にもなります。
将来の夢は「オリンピックで金メダルをとること」と話す陽向くんに渡邉選手がエールを送ります。