BS朝日

バックナンバー

#267

バドミントン・高橋礼華①

出演アスリート  バドミントン・高橋礼華
ジュニアアスリート  皆川恵茉さん(小学6年生)

267回目の出演アスリートはバドミントンの髙橋礼華(たかはし あやか)さん、31歳。リオオリンピックに松友美佐紀選手との“タカマツペア”で出場。日本バドミントン界悲願の金メダルを獲得しました。ジュニアアスリートは小学6年生の皆川恵茉(みながわ えま)さん。2021年冬に行われた全国大会・5年生シングルスで5位。左利きを生かした多彩なショットが武器です。バック前をうまく打ち返すにはどうしたらいいか教えてほしいと話す恵茉さんに髙橋さんがアドバイスします。
そして、ジュニアアスリートのトレーニングを支える「食」について、早稲田大学スポーツ科学学術院の田口素子教授が分かり易く解説します。
267回目の今回は、“朝食は量だけでなく質のレベルアップも大切!”というお話です。
今週のメニューはクリームスープパンがゆ、100%オレンジジュースです。
食べるスピードがゆっくりで朝食の量が十分ではない場合でも、朝食はたんぱく質やビタミンなどの必要な栄養素をしっかりとりたいので食事内容を全体的に充実させる必要があります。ごはんやパンを中心の簡単な朝食になりやすいですが、料理を食べやすく工夫すれば十分な栄養摂取もでき一石二鳥です。
将来の夢は「日本一になって世界で活躍する選手になること」と話す恵茉さんに髙橋さんがエールを送ります。