BS朝日

バックナンバー

#274

車いすバスケット・神保康広

出演アスリート  車いすバスケット・神保康広
ジュニアアスリート  渡邉友萌さん(中学2年生)

274回目の出演アスリートは車いすバスケットボールの神保康広(じんぼ やすひろ)さん。バルセロナ、アトランタ、シドニー、アテネと4大会連続でパラリンピックに出場。アメリカのリーグでも活躍しました。ジュニアアスリートは中学2年生の渡邉友萌(わたなべ ゆめ)さん。「楽しそうだから」と6歳の時に始めた車いすバスケ。まだ大会への出場はありませんが、楽しく練習しています。シュートを上手に打つ方法を教えてほしいと話す友萌さんに神保さんがアドバイスします。
そして、ジュニアアスリートのトレーニングを支える「食」について、早稲田大学スポーツ科学学術院の田口素子教授が分かり易く解説します。
274回目の今回は、“お菓子よりも食事に近い補食がオススメ!”というお話です。
今週のメニューは冷や汁、塩むすび、お茶です。
おやつとしてお菓子を主に食べるのではなく、成長期は体づくりのため必要な栄養素が補える補食をとるように意識しましょう。特に練習前後や食事と食事の間に空腹を感じたときは、糖質などの栄養素が不足しているサインのため、このタイミングではお菓子より食事に近い補食がよいでしょう。
将来の夢は「試合に出てみたいし外科医になりたい」と話す友萌さんに神保さんがエールを送ります。