BS朝日

ストーリー

#5

第5話「期間限定の身の上」

課外授業開設届に対し「どうせ去る身だから引き継ぎに困らないよう普通の授業にしてほしい」と言われ、ハヌルは臨採の身の上を思い知らされる。そこへ契約期間の短縮まで言い渡され、ハヌルは急に弱気になる。
この日は韓国大学の入学センターを訪問する日。ソンスンはハヌルの分まで出張許可を得たが、やる気がないなら行っても無駄だと突き放す。一方、内部告発者が臨採のチ・ヘウォンではないかと疑うスホは、教員のIPアドレスを調べる。