BS朝日

ストーリー

#11

第11話「内申書の攻防」

内申書作成期間が始まり、大量の内申書作成に追われるハヌル。学校側はイカロスの生徒を優先するよう指示し、イカロス以外の生徒たちは不満を募らせる。生徒にちやほやされ気分をよくしていたハヌルは、それが内申書のためだと知り自分の単純さを反省する。
生徒・保護者による教職員評価も始まり、教頭は各教員の携帯番号を使って保護者に満点をつけるよう依頼し、これに怒ったソンスンが抗議したことから進学部全体が教頭ににらまれてしまう。