BS朝日

ストーリー

#16

第16話「責任の限界」

ハヌルは、成績上位者しか眼中になかったことに気付き、ソンスンと共にイカロスに入れなかった生徒のための課外授業をやることにした。そこへ昨年の成果等級が発表され、評価基準を巡って教員たちの間で不満が噴出。さらに卒業生の保護者も学校に乗り込み、イカロスに入れなかったせいで大学に落ちたと抗議する。
退学届を出したボトンから何の音沙汰もなく心配になるハヌル。ボトンから退学の理由を聞いたハヌルは、彼を送り出すことを決意する。