BS朝日

バックナンバー

#85

昭和の劇画王 梶原一騎
~巨人の星・あしたのジョー・タイガーマスクを生んだ男~

(C)A・Tproducts

今から50年ほど前。日本を席巻した「スポ根ブーム」。この新たなジャンルを確立したのが、劇画原作者・梶原一騎。当時の青少年を虜にした梶原の代表作「巨人の星」「あしたのジョー」「タイガーマスク」「愛と誠」などなど。次々と魅力的なキャラクターを生み出す一方で、暴力沙汰を起こしたこともあった。果たして、梶原一騎の実像とは?
今回、梶原とともに作品を作った漫画家・ちばてつや、初代タイガーマスクの佐山サトル、そばで梶原を見てきた家族や友人など多くの証言を集め、主人公が悲劇的な最期を迎えることが多い梶原作品を深く読み解きながら、梶原の真の人物像に迫っていく。