BS朝日

バックナンバー

#48

食の達人が推薦する「革新的カレー」の名店
服部幸應おすすめ高級フレンチ

日本人に根強い人気を誇る「カレー」。もとはインドの国民食でありながら、日本では時代と共に独自の進化を遂げ、「日本独自のカレー」として確立された。
国際的にも人気のあるカレーは地域や文化によってアレンジが加えられ、様々なタイプのカレーが誕生している。今やラーメンに並ぶ国民食となったカレーの数ある名店の中から、今知っておきたい“美味しいに決まっている店”を巡ります。
さらに、服部栄養専門学校校長の服部幸應さんがおすすめする、人生で一度は食べてみたい高級フレンチ店も紹介。

食の達人が推薦する「革新的カレー」の名店 MAP

■お昼と夜で2つの顔を持つお店
SALON DE KAPPA(サロン・ド・カッパ)」

麹町駅から徒歩1分の場所にあるカジュアルな雰囲気のお店。昼は本格派欧風カレーの専門店ですが、夜になるとパスタやリゾットなどのメニューを中心としたイタリア料理店に早変わりという2つの顔を持っています。シェフはローマやミラノで修業を重ね、帰国後、「アメリカンズカップヨットクラブ1991」のシェフを務め、2010年11月、麹町に「サロン・ド・カッパ」をオープンしました。玉ねぎと牛バラ肉をしっかり煮詰めたブラックカレーは、深いコクが感じられる絶品です。

東京都千代田区麹町3-5-5サンデンビル 1F


■オープンからわずか数年でビブグルマンにも掲載されたカレーの名店
curry and rice 幸正

新橋駅から徒歩7分にある路地裏の民家に紛れるような佇まい。2016年のオープン後、わずか数年でビブグルマンに掲載された名店です。さらさら系で牛テールに香味野菜や特製香味油などを加えたルーに、カレーの定番・ターメリックライスと洋食風トマトライスの2種類を使用したライス。多岐にわたるジャンルのお店で修行したオーナーシェフが繊細な味付けと趣向を凝らしています。

住所:東京都港区新橋5-8-13


■「dancyu」元編集長・江部拓弥さんが推薦!20年以上続いた伝説のカレー屋
「GHEE(ギー)」の味を受け継いだお店 Blakes(ブレイクス)

若き日のNIGO氏がアルバイトをしていたり、村上春樹氏が通っていたといわれるカレー好きの間では伝説となっているカレー店「GHEE」。その味を受け継ぐ形で神宮前にオープン。「日本の甘く美味しいごはんに合うように、徹底的にバランスを考えた」というインド式のカレーは、インド人シェフから学んだものをアレンジ。コンビネーションで2種類の味が1皿でいただけるのも魅力の1つで、「GHEE」のカレーを食べたことのある人はもちろん、初めて食べる方でも楽しめます。

住所:東京都渋谷区神宮前2-20-13神宮前TNビル2F


■服部幸應さん推薦!現代風のフレンチを提供するお店
Dominique Bouchet Tokyo(ドミニク・ブシェ トーキョー)

「トゥ―ルダルジャン」「ホテル・ド・クリヨン」で総料理長を務めたドミニク・ブシェさんが東京・銀座にオープンさせたお店は、開業からわずか4カ月でミシュラン二つ星を獲得。ドミニクさんの薫陶を受け日本店を任されたシェフ田中耕太さんと共に、「伝統と革新の調和」を心掛けたフランス料理を今の時代に合わせて提供しています。フランス料理の真髄であるソースを大切にし、バターや油の使用を極力控えた軽やかな味わいが特徴です。

住所:東京都中央区銀座1-5-6銀座レンガ通り福神ビル2F