BS朝日

バックナンバー

#347

木附 篤人、カポラリ真亮 株式会社atsumari

幼い頃からヴァイオリンに慣れ親しんできた木附とカポラリ。
「もっと気軽に音楽に触れてほしい」との思いで二人が立ち上げたのは  
楽器シェアアプリ「Atsumari」。個人間で気軽に楽器の貸し借りができるというもの。
音楽を始めたいが、いきなり楽器を買うのはハードルが高い と感じている初心者でも
1週間数千円から気軽に楽器を手に取ることができる。
アプリを立ち上げたのには、楽器製作学校で学んだヴァイオリン職人でもあるカポラリの強い思いもあった。このままでは何百年も続いてきた伝統が失われてしまう、、
2人がアプリを通して繋ぐ 未来の音楽のカタチとは。

きづき あつと

1992年12月生まれ。東京都出身。
学習院大学大学院にて、経営戦略・ブランド戦略を研究し、経営学修士(MBA)を取得。共同設立者のカポラリとは、中学時代からの友人である。
大学入学以前より起業願望を持ち、常に新規事業について模索していた。大学院に進学後もその意思は変わらず、上海へ現地調査に赴いたこともあった。そんなさなか、日本に一時帰国していたカポラリが弦楽器職人業界の現状を語ったことから、当時の中国でシェアリングエコノミーが注目されていたことに目をつけ、「atsumari:楽器シェアリングサービス」を開始。
 

かぽらり まりお

1993年3月生まれ。東京都出身。
日本の大学を卒業後、Chicago School of Violin Makingに留学し、卒業。留学中、ヴァイオリン製作者の現状や卒業後の働き方などを見てきて、製作者の本音などを見聞きしてきた。その後、楽器業界の現状を一時帰国の際に木附に相談した。その際にシェアリングエコノミーというモデルを楽器に特化出来ればより良い環境を作れるのではという意見に共感し、共に挑戦していくことを決意した。