BS朝日

番組表
NOW ON AIR

    バックナンバー

    気分の良い日~みんなラブラブ愛してる!

    ダジョンがやっと合格した韓国の「栄養士」試験に着目!!

    「気分の良い日~みんなラブラブ愛してる!」のヒロインのダジョン(パク・セヨン)は、栄養士資格試験に落ち続けた末にようやく資格証を取得し、中学校の給食室で契約社員として働くことになりました。そこで今回は韓国の栄養士について調べてみました。日本で栄養士は栄養士養成施設を卒業し、都道府県知事の免許を受けると「栄養士」になることができます。つまり試験を受けなくても栄養士にはなることができます。一方、管理栄養士は、管理栄養士養成施設で学び、管理栄養士国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けてなることができます。また、栄養士養成施設で学んだ人も、卒業後に栄養士として一定期間働いた後、管理栄養士国家試験に合格すれば「管理栄養士」になることができます。対して、韓国の栄養士は「栄養士」「管理栄養士」の区別がなく、試験を受けなくては資格証を得られないことから、日本の「管理栄養士」に近いものだと思われます。日本と同様に栄養学区を学び、数々の条件をクリアした人だけが年に一度行われる国家試験を受けることができますが、毎年6500人から8000人ほどが受験し、近年の合格率は60%ほど。また、韓国の栄養士は主に、学校、臨床(病院での栄養カウンセリング)、企業(団体給食会社)、個人栄養士に分かれていて、学校栄養士は教育大学院を出て任用試験に合格すれば栄養教師と呼ばれる教員資格を得られる。臨床栄養士は、臨床大学院を出て臨床栄養士の資格を持てば病院内栄養相談業務を担当することができる。などなど、さらなる教育や資格試験を受ける必要がある場合も。こんな現状を知ったうえでダジョンの栄養士としての仕事ぶりを見ると、一層興味深いかもしれません。

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!