BS朝日

番組表
NOW ON AIR

    バックナンバー

    その他

    韓国と日本のおみやげ文化の違い。

    統営名物のクルパン

    日本人は旅行に行くと、箱に入ったご当地銘菓を買ってきて同僚や友人に配ったする、いわゆる「ばらまき土産」文化がありますが、韓国ではお土産というと、きっちりとしたものを渡すのが礼儀ということで、「ばらまき」はあまりしないそうです。たくさんの人に少しずつでも日頃の感謝を示す日本人に対し、韓国では、よほどお世話になった人以外にお土産を渡すことはないとのことで、詰め合わせのお菓子といえば空港の売店や免税店で、海外の観光客用に作られた韓国風パッケージのチョコレート詰め合わせを見かけるくらい。このように地方の特産銘菓という概念自体が薄い韓国ですが、いくつかの銘菓はあります。こんがり焼かれたやわらかい薄皮に、たっぷりあんこの詰まった慶州名物の“慶州パン”、“ホドゥカジャ(くるみ菓子)という天安の名物、統営の”クルパン(はちみつパン)など……、なぜかあんこが入ったお菓子が多いのも特徴です。ただし、それらの銘菓は日本のように工場で大量生産するのではなく、個人のお菓子店が作っているので、基本的に日持ちがあまりしないため、日本に持ち帰るには注意が必要です。
    韓国でお菓子のお土産というと、スーパーやコンビニで買った市販のお菓子しかないのは、ばらまき文化がないことによって、日本のように全国各地のご当地銘菓が存在しないことが理由なのです。

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!