BS朝日

番組表
NOW ON AIR

    バックナンバー

    ミセン-未生-

    韓国ドラマ「ミセン-未生-」のキャスティング秘話

    サラリーマンの日常を描いて共感を呼び、日本でもリメイクされたドラマ「ミセン-未生-」。原作は韓国のサラリーマンのバイブルと称された同名のWEBコミックで、演出は「シグナル」、「マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~」などの名作を生みだしたキム・ウォンソク監督が担当。キム・ウォンソク監督は、ドラマ化にあたり原作の漫画家のユン・テホ氏とたくさん話し合い、漫画のいいところをとりつつ、ドラマらしくわかりやすい成長ストーリーにしていったそうです。特に、人気漫画を実写化する時に話題になるのが俳優のキャスティング。主役のチャン・グレ役には、アイドルでありながら演技でも頭角を現してきていたイム・シワン。実は、当時除隊したばかりのイ・ジェフンが有力候補に挙がっていましたが、復帰作としてはインパクトが欠けると他の作品を選んだのは有名なエピソードです。
    オ課長役には“この作品には欠かせなかった”と絶賛されたイ・ソンミン。原作ではいつも目を充血させているワーカーホリックの上司であるのに対し、ドラマでは熱血漢のツンデレ上司で、グレを成長させるのに大きな役割を果たす人物に変化させたため、人間味がある実力派イ・ソンミンが選ばれたとのこと。
    一方、原作とのシンクロ率が高いと話題になったのが、ハン・ソンニュル役のピョン・ヨハン。オーディションで多くの俳優の中から選ばれたそうですが、髪形も雰囲気も原作とそっくりで一気に知名度を上げました。

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!