BS朝日

番組表
NOW ON AIR

    バックナンバー

    ミセン-未生-

    “演技ドル”筆頭株のイム・シワンの素顔は誠実な模範生

    DVD-BOX1&2 発売中 各12,500円+税 発売・販売元:エスピーオー (C)STUDIO DRAGON CORPORATION

    韓国ドラマ「ミセン-未生-」で主役のチャン・グレ役を演じ、そのリアリティある演技が大絶賛されたイム・シワン。彼は2010年にデビューした9人組アイドルグループZE:Aのメンバーですが、「ミセン-未生-」で俳優としても認められ“演技ドル”の筆頭株としてその名を知らしめました。アイドル時代の彼は、大人数のグループの中で特に目立つ存在ではなく、パートも少なめで、自分の存在について悩んでいたこともあったそう。そんなさなかの2012年、大ヒットドラマ「太陽を抱く月」に出演。ソン・ジェヒ演じるヒロインの兄ホ・ヨムの少年時代を演じ、短期間の出演ながらも、麗しいルックスと印象的な演技で視聴者の目を惹きつけると、ドラマ「赤道の男」や「トライアングル」にも出演し、徐々に俳優としての可能性を広げていきました。そして、ついに「ミセン-未生-」で才能が開花すると、映画界にも進出。ソン・ガンホと共演した「弁護人」は韓国で137万人の観客を動員して大ヒット。第70回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング部門に招待された映画「名もなき野良犬の輪舞(ロンド)」でも主役を演じ、カンヌ入りを果たした初の演技ドルとして注目されました。
     学生時代は成績優秀で中学では全校会長、高校では全校副会長を務めた模範生。2017年7月に入隊しましたが、そこでも助教(訓練中の軍人を教える指導教官)として服務し、入隊2カ月で特級戦士に選抜されるなど模範生ぶりを発揮していたようです。さらに、軍隊での給料全額に私費を加えてある小学校に寄付するなど、その誠実な人柄も魅力です。2019年3月27日に除隊し、ドラマ「他人は地獄だ」で復帰を果たしたイム・シワン。現在は、映画「非常宣言」と、JTBCの新ドラマ「ラン・オン」を撮影しているとのことで、ますますの活躍が期待されます。

    PHOTO

    写真からBS朝日の番組を探そう!