BS朝日

バックナンバー

一緒に暮らしませんか?

セットから実際の病棟まで。ドラマに出てくる病院をチェック

 メディカルドラマでなくとも、病院や医者を扱った作品はよくあります。「一緒に暮らしませんか?」でもユハとウンテの職場ということもあって、病院が重要な舞台となっています。
 韓国ドラマに出てくる病院というと、とにかく豪華で規模が大きいという印象はありませんか? なかには高級リゾートホテルのようなゴージャスな雰囲気の病院も見かけます。こうした病院、手術シーンがふんだんに描かれるようなドラマではセットが組まれる場合もありますが、実際の病院を借りて撮影が行われていることも珍しくないようです。その昔、筆者が「雲の階段」というドラマのロケ現場を取材した時は、ソウル近郊にある大学病院のこれからオープンするという、新しい病棟を使って撮影が行われていました。実際の病院ですから臨場感はたっぷりというわけです。
 では、ユハとウンテが勤務するチャハン病院はどうかと言えば、これも「順天郷大学富川病院」という、ソウルのお隣の富川市に実際にある総合病院が使われています。ここはチャン・グンソク主演の「スイッチ〜君と世界を変える〜」などのドラマでも使われました。病院の紹介によれば、ベッド数1000床、医師300人をはじめ約1600人が勤務する大病院です。これだけ大規模であれば、撮影に一部を貸すことも可能なのでしょう。ほかにソウル市瑞草区にある「ソウル聖母病院」が、「太陽の末裔」や「グッド・ドクター」などのロケ地として知られています。ドラマを見ていて病院が出てきたら、ロケ地に注目して見てみるのも面白そうですね。