BS朝日

バックナンバー

まぶしくて ―私たちの輝く時間―

あっと驚く仕掛けに、深く、しみじみと考えさせられる珠玉の名作

 昨年6月に放送され好評を博したハートフルなラブロマンス「まぶしくて―私たちの輝く時間―」。放送後には「感動しました」「もう一度見たい!」という声が多く寄せられ、再放送が決定しました。
 本作は、ある日突然70歳の姿になってしまった25歳の女性ヘジャと、輝かしい青春の時期を放棄して無気力に生きる青年ジュナの交流を通して、生きることの素晴らしさを描いた感動作です。ヒロインである“キム・ヘジャ”の25歳をハン・ジミンが、70歳をベテラン女優のキム・ヘジャが演じ、見事な「2人1役演技」が話題を呼びました。
 ドラマのヘジャは、お節介ながらも義理人情に溢れる前向きな女性です。ハン・ジミンは人生と恋に悩むヘジャを溌剌と好演。一方のキム・ヘジャは25歳の心を持つ70歳のヘジャをチャーミングに演じ、二人のシンクロ率の高さに驚かされます。
 一見するとコミカルなファンタジードラマのようですが、実はあっと驚く仕掛けがあり、後半に進むにつれ、人生の哀歓を描いた内容が胸に迫ります。一瞬にして年老いてしまったヒロインが体験するのは、若い友人と買い物をしたり走ったりという当たり前のことが出来ない毎日で、ヘジャの姿を通して「老いること」についてもしみじみと考えさせられる内容になっています。
 そんななかで、ヘジャは何を考え、どう行動するのか? そして恋の行方は? 一度見た人は再びの感動を、そして初めて見る方は「これからどうなるの?」とワクワクしながら、ご覧になってください。「人生には生きる価値がある」「どの瞬間もまばゆいほどに輝いている」というメッセージに、きっと涙がこぼれるでしょう。