BS朝日

バックナンバー

私の国

高麗から朝鮮へ――。歴史の転換点「威化島回軍」

 朝鮮王朝建国の動乱期を舞台に、理想の国を夢見た若者たちの愛と戦いを描いた「私の国」。序盤では、主人公のソ・フィ(ヤン・セジョン)とナム・ソノ(ウ・ドファン)が親友から敵へと変化していく重要な戦いが描かれますが、これが韓国の歴史上に名高い「威化島回軍」です。
 当時、高麗王朝は明から領土割譲を迫られていました。これに対し、禑王と大将軍チェ・ヨンは明への強硬路線を取り、イ・ソンゲに遼東征伐を命じます。1388年、イ・ソンゲ率いる高麗軍は国境に近い鴨緑江の中洲である威化島まで進みましたが、長雨で増水した川に苦しめられたうえに疫病も蔓延し、多くの死傷者を出したのです。元々この遠征に反対していたイ・ソンゲは、ここで「回軍=引き返し」を決意。都に戻って朝廷を制圧しました。このクーデターによって高麗王朝は終わりを告げ、朝鮮王朝が始まることになったのです。
 ドラマでは、この威化島での血みどろの戦いが末端の兵士フィの視点を通して生々しく描かれています。先発隊として最前線に出されたあげく回軍の捨て駒にされたフィは、そこで先発隊抹殺命令を受けたソノと再会するのです。これまで切磋琢磨しながら武術の腕を磨いてきたフィとソノが、本気で殺し合いをしなければならない状況で繰り広げられるアクションシーンは緊張感に溢れ、序盤最大の見せ場となっています。信じていた親友ソノの裏切りに怒りをたぎらせるフィ。そしてフィを裏切ることになったソノの苦しみは、その後に続く二人の運命を暗示し、一気にドラマへの没入度を高めます。「威化島回軍」は歴史の大きな転換であり、物語の重要な起点ともなっているのです。